素敵な靴はあなたを素敵な場所へ連れて行ってくれる

pellicoとの出会い

昔から大好きな靴。若い頃から合成皮革は好きではなく本革の方がお値段も高いのに、その履き心地や伸縮性、ツヤなど全てにおいて本革しか有り得ないと思っていました。でもいつしかファストファッションが流行るようになり、合成皮革でも良いのでは?と思うようになりました。そしていくつか流行りの靴をファストショップで買ってみましたが心がウキウキしないのですね。不思議です。本当に良い靴はそこにあるだけで心が踊りその靴を履いたならば全身から輝きを放つようなそんな魅力があることを思い出しました。

そうなると良い靴を履きたい!と思うように。そんな時、pellicoの存在を知りました。革製品の聖地と言えばイタリア。大量生産ではなく一つ一つ丁寧に工房で造られた靴を履きたいと想いは募りました。

運命の出会い

そこから先は毎日pellicoの靴のことばかりを想い考え、また検索する日々。公式サイトはもちろん普段使っている大型ネットショップなどで美しい靴達を眺めていました。その中で「木型」と言う言葉にたどり着きました。

本物の手作りの靴は一つ一つ「木型」があり履く人の足にピッタリと合った型を選べるのです。これはもう履いてみるしかありません。なるべく近くのデパートで履き比べてみると私の足は幅が狭い割に指が長く特殊な形をしている事が分かりました。でもこれがラッキー!ヨーロッパで造られる木型にマッチするそうです。

pellicoの中ではMEBI(ネビ)と呼ばれる木型がやや長めのノーズとなめらかな立体感のあるノーズが特徴的なデザインです。幅も広めで、さりげなく柔らかな印象のニューソフトポインテッドトゥは足指の長い私にとってとても楽に履けると言うことでピッタリでした。

そして私は遂に出会ってしまったのです。LUNETTA(ルネッタ)と呼ばれるその美しい靴に。小さな月を意味するその靴は両サイドがアーチ型にぬけたデザイン。「どこにいてもいつまでも変わらない、月のように色あせない美しさを」という願いが込められて誕生したそうでネーミングも込められた想いも全てがピッタリと心の型にハマってしまったのでした。

私を素敵なところに連れて行って

こうして運命の出会いを果たし、ルネッタと呼ばれる靴のバターミルクと言う色を選んだ私。このバターミルクの色合いもなんとも言えずアーチ型のデザインとヒールの色がブラックで脚が引き締まりほっそりと見えるところもとてもお気に入りです。

この素敵な靴を履くためにまず裏張りをしてもらう事にしました。長く大切に履く為に本革仕様のソールには裏張りが必要です。歩いてる時も靴のイメージが壊れないような裏張りのイロを選び職人さんに丁寧な仕事をして頂きました。

まずは玄関に並べてその美しさを楽しみます。そしていよいよの時。手間暇かけて選び抜いた靴を履く瞬間はまるでシンデレラにでもなったかのような気分。

もちろん、気分だけですが先のタイトルにもあるように大好きなデザイナーの1人であるココ・シャネルの言葉「素敵な靴はあなたを素敵なところに連れて行ってくれる」は本当だと思いました。なぜならその靴を履いて出掛けるだけで心が踊り嬉々として歩けるからです。それが近くのスーパーでもコンビニでもどこでも良いのです。「私は素敵な靴を履いている」と言う満足間で心が踊る。それが全てなのだなと思いました。本当に素敵なレストランや美術感などに行ければ尚良いのですが今はお預けですね。

【着用サイズ】 38 (普段サイズ 24cm)

このブランドの新着ストーリー

すべて表示

hisa☆

素敵な靴はあなたを素敵な場所へ連れて行ってくれる

素敵な靴はあなたを素敵な場所へ連れて行ってくれる

pellicoとの出会い 昔から大好きな靴。若い頃から合成皮革は好きではなく本革の方がお値段も高いのに、その履き心地や伸縮性、ツヤなど全てにおいて本革しか有り得ないと思っていました。でもいつしかファストファッションが流行るようになり、合成皮革でも良いのでは?と思うようになりました。そしていくつか流行りの靴をファストショップで買ってみましたが心がウキウキしないのですね。不思議です。本当に良い靴はそこにあるだけで心が踊りその靴を履いたならば全身から輝きを放つようなそんな魅力があることを思い出しました。 そうなると良い靴を履きたい!と思うように。そんな時、pellicoの存在を知りました。革製品の聖地と言えばイタリア。大量生産ではなく一つ一つ丁寧に工房で造られた靴を履きたいと想いは募りました。 運命の出会い そこから先は毎日pellicoの靴のことばかりを想い考え、また検索する日々。公式サイトはもちろん普段使っている大型ネットショップなどで美しい靴達を眺めていました。その中で「木型」と言う言葉にたどり着きました。 本物の手作りの靴は一つ一つ「木型」があり履く人の足にピッタリと合った型を選べるのです。これはもう履いてみるしかありません。なるべく近くのデパートで履き比べてみると私の足は幅が狭い割に指が長く特殊な形をしている事が分かりました。でもこれがラッキー!ヨーロッパで造られる木型にマッチするそうです。 pellicoの中ではMEBI(ネビ)と呼ばれる木型がやや長めのノーズとなめらかな立体感のあるノーズが特徴的なデザインです。幅も広めで、さりげなく柔らかな印象のニューソフトポインテッドトゥは足指の長い私にとってとても楽に履けると言うことでピッタリでした。 そして私は遂に出会ってしまったのです。LUNETTA(ルネッタ)と呼ばれるその美しい靴に。小さな月を意味するその靴は両サイドがアーチ型にぬけたデザイン。「どこにいてもいつまでも変わらない、月のように色あせない美しさを」という願いが込められて誕生したそうでネーミングも込められた想いも全てがピッタリと心の型にハマってしまったのでした。 私を素敵なところに連れて行って こうして運命の出会いを果たし、ルネッタと呼ばれる靴のバターミルクと言う色を選んだ私。このバターミルクの色合いもなんとも言えずアーチ型のデザインとヒールの色がブラックで脚が引き締まりほっそりと見えるところもとてもお気に入りです。 この素敵な靴を履くためにまず裏張りをしてもらう事にしました。長く大切に履く為に本革仕様のソールには裏張りが必要です。歩いてる時も靴のイメージが壊れないような裏張りのイロを選び職人さんに丁寧な仕事をして頂きました。 まずは玄関に並べてその美しさを楽しみます。そしていよいよの時。手間暇かけて選び抜いた靴を履く瞬間はまるでシンデレラにでもなったかのような気分。 もちろん、気分だけですが先のタイトルにもあるように大好きなデザイナーの1人であるココ・シャネルの言葉「素敵な靴はあなたを素敵なところに連れて行ってくれる」は本当だと思いました。なぜならその靴を履いて出掛けるだけで心が踊り嬉々として歩けるからです。それが近くのスーパーでもコンビニでもどこでも良いのです。「私は素敵な靴を履いている」と言う満足間で心が踊る。それが全てなのだなと思いました。本当に素敵なレストランや美術感などに行ければ尚良いのですが今はお預けですね。 【着用サイズ】 38 (普段サイズ 24cm)

PELLICO