歴史が物語るBarbourの魅力

憧れのヴィンテージBarbourとの出会い

某YouTubeでカッコよく試着されていくヴィンテージBarbourを見て「いつか袖を通してみたい…!」そんな憧れが芽生えました。

そんな矢先、某有名ヴィンテージBarbourショップが地元にポップアップをする情報をキャッチ。大雪の降る中、仕事終わりに息を切らして駆けつけました。そこで待っていたのはサイズピッタリのBEAUFORT。程よくシェイプされたアームホールと身幅、現行では見られないという細畝のコーデュロイ襟。

自分のためにここに来てくれたのでは無いかと思うくらい、運命を感じる出会い。感情は昂り、購入せずにはいられませんでした。

ファッションアイテムとしての懐の深さ

Barbourは漁師さんのワークウェアが起源とされていますが、その後、ミリタリー、ハンティング、乗馬、フィッシング、モータースポーツ、ドレスと幅広いシーンで活躍するように。これら多くの歴史的背景がBarbourのファッションアイテムとしての懐の深さを生み出していると思います。

即ちどんなスタイルにも合う。ということ。スーツに合わせるのはもちろん、デニムやニット、ジャケパン、ミリタリーアイテムやストリートスタイルにまで合う汎用性の高さは圧巻です。スタイリングにおいて、様々な要素をミックスするのが好きな私にとっては、接着剤の様なアイテム。肌寒い季節にはついつい着てしまいがちなアイテムです。

ボロボロになってからがカッコいい、一生着たい洋服 

チャールズ皇太子のパッチまみれのBarbourは有名ですが、Barbourはピカピカよりもボロボロになってからがカッコイイ。そのように私は思います。ダメージが増え、補修を繰り返しながら自分だけのBarbourが出来上がる。もうロマンしかありません。

そんな私も破れは自分で補修しています。近い色合いの布を買い、ミシンで縫い合わせ、リプルーフをかけて完成です。今回ご紹介しているBEAUFORTも、上腕部や袖口近くを自ら補修しています。

手間をかけた分だけ、愛着が増す。私にとってこのBEAUFORTは、一生の相棒になるのだと確信しています。

【着用サイズ】 34 (普段サイズ XS〜M)

このブランドの新着ストーリー

すべて表示

foreman

一生モノのワックスドジャケット

一生モノのワックスドジャケット

出会いはニセモノ ニセモノというと聞こえが悪いですが、某国内大手のセレクトショップがオリジナルで販売していたジャケットでした。ビデイルによく似たデザインで、襟にはブラウンのコーデュロイ生地を使用をし、ボディはバブアーのワックスさながらにコーティングされたツヤのあるコットン生地。それまで見た事がなかったデザインと雰囲気に一目惚れしてすぐに購入し、つい最近まで気に入ってよく着ていました。 ホンモノの貫禄 それからしばらくしてオリジナルの存在がある事を知りました。『バブアー』というブランドでモデル名は『ビデイル』。その名前のかっこよさとエイジングした様に衝撃を受けた事をよく覚えています。オイル抜けによる色褪せとクタッとした生地感があまりにも渋くて、まさに『ホンモノだけが出せる貫禄』といった雰囲気でした。 ただ、詳しく調べて行くうちに、ワックスドジャケット特有のキツい臭いやベタつきがある事も知り、所有するのは不向きだと見切りをつけ購入は断念する事にしました。 『買わない理由』が見つからない 購入を諦めてから数年が経った昨年の冬の事、意外にもあっさりとバブアーを手に入ることになりました。ここ1〜2年ほど一生付き合っていけるアウター選びに力を入れていて、コーディネートのカラーバランスの関係からカーキ系のアウターが欲しくなり、『カーキ系のアウター』といえば『セージグリーンのバブアー』という印象があったので、購入を前提に改めてバブアーについて調べる事に。 英国の伝統あるワークブランドであることや、ロイヤルワラント(英国王室御用達)の栄誉を授かっていること。さらに、現行モデルにおいてはワックスの臭いやベタつきはかなり抑えられているということ。もはや『買わない理由』を探す方が難しかったほどで、調べはじめてから僅か1週間足らずで購入に至っていました。 実際に手元に来たバブアーは前述の通り臭いやベタつきもほとんどなく、英国らしい気品を感じる佇まいで大変満足度の高いものでした。ただ、バブアーに1番惹かれた理由でもあるエイジングした貫禄のある様には程遠いのも事実。2月の中旬に購入した事もあり、正直まだ4回ほどしか着用はできていませんし、良くも悪くも物を大事にしすぎてしまう所があるので、理想のバブアーを拝める日がいつになるのか検討もつきませんが、そもそも一生付き合っていけるアウターとして探したモノ!気長にゆっくりエイジングを楽しんで付き合っていけたらと思っています。

Barbour

美容に天職を見つけたミニマリスト

オイルジャケットとの偶然という名の必然の出会い

オイルジャケットとの偶然という名の必然の出会い

オンオフ兼用!オールマイティーなオイルジャケット 無駄を研ぎ澄ましたデザイン。日本のブランドとは一線を画すそのシンプルかつ無骨なデザイン。男性なら一度は憧れてもおかしくはないシンプルなデザイン。シンプルさの中にも裏地、襟元、素材、機能性などこだわりの詰まった名作。 着れば着るほど味が出てクセになる 服と言えばどうしても気になる経年劣化。そんな経年劣化すら「味」になるオイルジャケット。着れば着るほど「自分流のオリジナルの一着」になるジャケット。それはまさに男のロマン。 人生と共に歩める至高の一着。 メンテナンスが必要!そんな手間すらも男心をくすぐる オイルジャケットのメンテナンスは約3年に1度。専門店に出す費用があり、決して安くはない。期間も半年ほどかかる。しかし、そんな手間すらも価値と感じてしまうまさに紳士の為のジャケット。  

Barbour

Ai

信頼すべきBarbourのジャケット

信頼すべきBarbourのジャケット

突然の出会い 25年ほどの付き合いになる地元の友人と三宮のまちを歩いていた時に、「ぜひ私にオススメしたいお店がある」と、突然の思いつきで立ち寄ったバブアー神戸店。レディース が置いてある2階への階段を上り切った時に真っ先に目に飛び込んだのが、このジャケット。身長の小さい私には丈感の短いものがバランスが取りやすく、すぐに袖を通して、店員さんのバブアーの歴史話を聞いて、気づいたら購入していました。 信頼の機能性 愛車のホンダのカブct-125ハンターカブに乗り始めて、日常使いやキャンプでも使えそうなジャケットを探していたところで、店員さんに話を聞くと、バブアーこだわりのワックスドジャケットは、高い防水性・耐久性があるとのことで、風も通しにくい、火の粉にも強い、ハードな扱いにも強い、小雨なんてへっちゃらと。まさに新たに始まったバイクライフと、アウトドアライフにぴったりのジャケットであることがわかりました。どんな環境からも身を守ってくれて、体に馴染むこのジャケット、大切にしていこうと思います。 メンテナンスが楽しみ このこだわりの機能を長持ちさせるためには、数年に一回のリプルーフが大切とのこと。長年の使用や摩擦でオイルが抜け機能が低下してしまうので、ワックスをかけなおすことで蘇るそう。お店ではワークショップもしているようで、自分で塗り込みが来る日が楽しみです。愛着を持って大切に長く使いたいアイテムの一つです。 【着用サイズ】 8 (普段サイズ S)  

Barbour

jinlang03

歴史が物語るBarbourの魅力

歴史が物語るBarbourの魅力

憧れのヴィンテージBarbourとの出会い 某YouTubeでカッコよく試着されていくヴィンテージBarbourを見て「いつか袖を通してみたい…!」そんな憧れが芽生えました。 そんな矢先、某有名ヴィンテージBarbourショップが地元にポップアップをする情報をキャッチ。大雪の降る中、仕事終わりに息を切らして駆けつけました。そこで待っていたのはサイズピッタリのBEAUFORT。程よくシェイプされたアームホールと身幅、現行では見られないという細畝のコーデュロイ襟。 自分のためにここに来てくれたのでは無いかと思うくらい、運命を感じる出会い。感情は昂り、購入せずにはいられませんでした。 ファッションアイテムとしての懐の深さ Barbourは漁師さんのワークウェアが起源とされていますが、その後、ミリタリー、ハンティング、乗馬、フィッシング、モータースポーツ、ドレスと幅広いシーンで活躍するように。これら多くの歴史的背景がBarbourのファッションアイテムとしての懐の深さを生み出していると思います。 即ちどんなスタイルにも合う。ということ。スーツに合わせるのはもちろん、デニムやニット、ジャケパン、ミリタリーアイテムやストリートスタイルにまで合う汎用性の高さは圧巻です。スタイリングにおいて、様々な要素をミックスするのが好きな私にとっては、接着剤の様なアイテム。肌寒い季節にはついつい着てしまいがちなアイテムです。 ボロボロになってからがカッコいい、一生着たい洋服  チャールズ皇太子のパッチまみれのBarbourは有名ですが、Barbourはピカピカよりもボロボロになってからがカッコイイ。そのように私は思います。ダメージが増え、補修を繰り返しながら自分だけのBarbourが出来上がる。もうロマンしかありません。 そんな私も破れは自分で補修しています。近い色合いの布を買い、ミシンで縫い合わせ、リプルーフをかけて完成です。今回ご紹介しているBEAUFORTも、上腕部や袖口近くを自ら補修しています。 手間をかけた分だけ、愛着が増す。私にとってこのBEAUFORTは、一生の相棒になるのだと確信しています。 【着用サイズ】 34 (普段サイズ XS〜M)

Barbour