いつもの服をアップデートしてくれる存在

私は一児の母なのですが、子供が産まれてからは、きちんとアクセサリーをするのは子供を預けてお出かけをする時だけになってしまっていました。

子育てに向かないアクセサリー

街中でアクセサリーを素敵に身に付けている人を見かけたり、雑誌やSNSなどでかわいいアクセサリーを見つけても「でも付ける機会もあまりないしな…」と、少ししょんぼりした気持ちで諦めていました。
デザインのある指輪は子供と手を繋ぐ時に引っ掛けちゃうかも。手を洗う時も気になるし。
ピアスやネックレスは子供に引っ張られちゃいそうで怖いな。 もちろん小さなお子さんがいてもアクセサリーを素敵に付けている方もいることは知っていますが、それが自分に出来るかと言うと自信はない。

はじめてのイヤーカフ

そんな中、何かきっかけがあった訳ではないのですが、年に数回ある「おしゃれしたいスイッチ」「お買い物したいスイッチ」が入ったタイミングで、以前から気になっていたPLUIEのイヤーカフが欲しい!と、勢いでお店へと足を運んだのです。
子供がいるとこういうお店に訪れる機会も減ってしまっていて、なんだかそわそわ。
サイトを凝視していくつか候補を決めてはいたものの悩むなぁと思っていると、店員さんが声をかけてくれ、実際に付けさせてもらうことに。 イヤーカフを付けたことすらなかった私に、するすると付けてくれる店員さん。 全く痛みもなく、耳の形って人それぞれ違うのにすごいなぁと妙に感心してしまいました。
いくつか付けさせてもらい、当初第一候補にしていたデザインではなく、付けてみて一番しっくりきたデザインに決めました。 お会計をして、お店の外に出て早速付けてみました。
店員さんの様にするするとは付けられなかったけど、久々のお買い物に心はウキウキしていました。

気分をあげてくれる

それから毎日のようにこのイヤーカフを付けていましたが、コロナの自粛期間やテレワークなどですっかりアクセサリーを付けない生活に戻ってしまっていました。
お出かけの時は常にマスクを付けていることもあってなんだかおしゃれのモチベーションもあがらない。 そんな時にふとイヤーカフの存在を思い出しました。
ピアスだとマスクの紐に引っかけてしまうことが心配でしたが、イヤーカフならあまり気にならないかもしれない。そう思い早速付けてみることに。
思った通りマスクの紐に引っかけてしまうこともなく、イヤーカフをしていることでなんとなくおしゃれに気を遣えてる気がする。 いつもの服にさっと付けるだけで気分があがる。
そんなイヤーカフはこれからも私の定番アイテムとして活躍しそうです。

このブランドの新着ストーリー

すべて表示

森田佳代

いつもの服をアップデートしてくれる存在

いつもの服をアップデートしてくれる存在

私は一児の母なのですが、子供が産まれてからは、きちんとアクセサリーをするのは子供を預けてお出かけをする時だけになってしまっていました。 子育てに向かないアクセサリー 街中でアクセサリーを素敵に身に付けている人を見かけたり、雑誌やSNSなどでかわいいアクセサリーを見つけても「でも付ける機会もあまりないしな…」と、少ししょんぼりした気持ちで諦めていました。デザインのある指輪は子供と手を繋ぐ時に引っ掛けちゃうかも。手を洗う時も気になるし。 ピアスやネックレスは子供に引っ張られちゃいそうで怖いな。 もちろん小さなお子さんがいてもアクセサリーを素敵に付けている方もいることは知っていますが、それが自分に出来るかと言うと自信はない。 はじめてのイヤーカフ そんな中、何かきっかけがあった訳ではないのですが、年に数回ある「おしゃれしたいスイッチ」「お買い物したいスイッチ」が入ったタイミングで、以前から気になっていたPLUIEのイヤーカフが欲しい!と、勢いでお店へと足を運んだのです。 子供がいるとこういうお店に訪れる機会も減ってしまっていて、なんだかそわそわ。 サイトを凝視していくつか候補を決めてはいたものの悩むなぁと思っていると、店員さんが声をかけてくれ、実際に付けさせてもらうことに。 イヤーカフを付けたことすらなかった私に、するすると付けてくれる店員さん。 全く痛みもなく、耳の形って人それぞれ違うのにすごいなぁと妙に感心してしまいました。 いくつか付けさせてもらい、当初第一候補にしていたデザインではなく、付けてみて一番しっくりきたデザインに決めました。 お会計をして、お店の外に出て早速付けてみました。 店員さんの様にするするとは付けられなかったけど、久々のお買い物に心はウキウキしていました。 気分をあげてくれる それから毎日のようにこのイヤーカフを付けていましたが、コロナの自粛期間やテレワークなどですっかりアクセサリーを付けない生活に戻ってしまっていました。 お出かけの時は常にマスクを付けていることもあってなんだかおしゃれのモチベーションもあがらない。 そんな時にふとイヤーカフの存在を思い出しました。 ピアスだとマスクの紐に引っかけてしまうことが心配でしたが、イヤーカフならあまり気にならないかもしれない。そう思い早速付けてみることに。 思った通りマスクの紐に引っかけてしまうこともなく、イヤーカフをしていることでなんとなくおしゃれに気を遣えてる気がする。 いつもの服にさっと付けるだけで気分があがる。 そんなイヤーカフはこれからも私の定番アイテムとして活躍しそうです。

PLUIE