使う紙から着る紙に

使い捨てるだけが紙じゃない

昨今のプラスチック問題の影響で、紙ストローや紙バッグなど、エコロジーの観点から紙素材への意識が高まっているように思われます。 個人的にも紙の独特の素材感がとても好きで、特に日本では和紙を代表するように、上質で多種多様な紙文化が根差してきました。 紙の加工において、世界有数の技術を有する日本ですが、靴下にもその恩恵が。 岐阜の老舗の和紙メーカー松久永助紙店の提供する美濃和紙靴下が最高なんです。

快適すぎる天然素材

この靴下は、紙糸と呼ばれる美濃和和紙からできる糸を使用し、 一般的な綿素材と比べても吸湿・吸水性に優れていて、全然蒸れずに一日が過ごせます。 また断熱性も高いため、夏は涼しく冬は暖かく、一年中快適に着用できるものも良い。ニオイも防いでくれます。

穴は天敵、耐え抜く靴下

そして靴下で困るのが、履いていくうちにできる毛玉や穴あき。 靴下は消耗品ではありますが、履き心地で気分も変えてくれるもの。できれば良い状態のまま履き続けたいですよね。 時にはすぐに穴があいて駄目になってしまう靴下もありますが、 この和紙素材は抜群のピリング耐性があり、繰り返し着用しても毛玉が出来にくく、穴も開きづらいんです。

大切な循環システム

この和紙の原材料となるマニラ麻は、とても強靭で耐水性もあり、 そして極めて成長が早く、数年で収穫できるため、環境負荷も少ないそう。 また使用後は土の中で自然分解される、とても優秀な循環型素材。 次の時代の為にも選びたい靴下です。

このブランドの新着ストーリー

すべて表示

hiro

使う紙から着る紙に

使う紙から着る紙に

使い捨てるだけが紙じゃない 昨今のプラスチック問題の影響で、紙ストローや紙バッグなど、エコロジーの観点から紙素材への意識が高まっているように思われます。 個人的にも紙の独特の素材感がとても好きで、特に日本では和紙を代表するように、上質で多種多様な紙文化が根差してきました。 紙の加工において、世界有数の技術を有する日本ですが、靴下にもその恩恵が。 岐阜の老舗の和紙メーカー松久永助紙店の提供する美濃和紙靴下が最高なんです。 快適すぎる天然素材 この靴下は、紙糸と呼ばれる美濃和和紙からできる糸を使用し、 一般的な綿素材と比べても吸湿・吸水性に優れていて、全然蒸れずに一日が過ごせます。 また断熱性も高いため、夏は涼しく冬は暖かく、一年中快適に着用できるものも良い。ニオイも防いでくれます。 穴は天敵、耐え抜く靴下 そして靴下で困るのが、履いていくうちにできる毛玉や穴あき。 靴下は消耗品ではありますが、履き心地で気分も変えてくれるもの。できれば良い状態のまま履き続けたいですよね。 時にはすぐに穴があいて駄目になってしまう靴下もありますが、 この和紙素材は抜群のピリング耐性があり、繰り返し着用しても毛玉が出来にくく、穴も開きづらいんです。 大切な循環システム この和紙の原材料となるマニラ麻は、とても強靭で耐水性もあり、 そして極めて成長が早く、数年で収穫できるため、環境負荷も少ないそう。 また使用後は土の中で自然分解される、とても優秀な循環型素材。 次の時代の為にも選びたい靴下です。

松久永助紙店