たまねぎ剣士

昔から料理をするのが好きで、学生の頃はアルバイトで中華料理屋で鍋を振るっていた時期もありました。 ラーメンも提供していたので、文字通り山ほどのネギを毎日包丁で刻んでいたのも良い思い出です。 いろいろ教えてくれた親方に感謝。 

気晴らしのみじん切り

今でも食材を切っていると、とても気分転換になり、気晴らしに料理がちょうど良い。  そうなると大事なのは包丁。 やはり切れ味が良くないと、楽しい作業もストレスになってしまいます。 実家から持ち出した包丁もそろそろ切れ味が限界になってきたころ、料理人の友人にオススメされたのがこの包丁でした。

 プロの皆さんが御用達のメーカーらしく、有名ではないが切れ味抜群でメンテナンスもしやすいとのこと。
また、たくさんある種類の中でもペティナイフをオススメされました。  

ペティナイフ?そんな洒落たナイフなんぞより、万能包丁が欲しいんだと思いながら、実物の商品を見に。
いざ話を聞いてみると、ペティナイフとはなんと便利な包丁であることか。 家では言ってもそれほど大きな食材を切ることは少なく、小回りの効くペティナイフで十分。
よく使う玉ねぎに対してなんて、これが専用装備なんじゃないだろうか。 万能という言葉に踊らされていた自分が情けない。 料理人の友人(カレー屋さん)も、ほぼ調理はペティナイフ一本で行ってしまうらしい。
おそるべし、ペティナイフ。  

ちなみにこのMisonoは、刀の街である岐阜県関市に所在を置く包丁専門メーカーとのこと。
刀を作ってきた技術が包丁として実用されていると思うと、 改めて日本の文化が知らぬところで息づいていることに驚かされます。
どのデザインも派手さはありませんが、持ち手のフィット感はとても優秀。
海外から外国人の方が日本の包丁を求めて来日するとは話を聞いていましたが、初めて実感した思いです。 現代の刀鍛冶の作品に一度触れてみてください。オススメです。

このブランドの新着ストーリー

すべて表示

hiro

鉄板なフライパン

鉄板なフライパン

どうして男は形から入る生き物なのでしょう? 料理をするのに、食材よりも先に料理器具にこだわりがち。 これもきっと狩猟本能から来る副産物なのでしょうか。きっとそうだと誤魔化しながら、日々良さげな道具を探して本にネットにリサーチ三昧。 男心をくすぐる存在 中でも鉄のフライパンは、料理好きな男性なら誰しもが欲するワンアイテム。 あの無骨な佇まい、ズッシリと来る重さ、何十年と使える耐久性。男心をくすぐってたまらない。 初心者でも扱いやすい鉄フライパンからドイツの有名ブランドまで、いろいろ見ては検討する日々。 いつかいつかと思いながら買いあぐねていた時に、そのフライパンは現れました。味もそっけもない鉄のかたまり。でも探し求めていたTHE鉄のフライパンがそこにありました。 調べてみると、調理器具の販売で有名な釜浅商店さんが特別に用意している商品とのこと。 今現在、日本で唯一、鉄から打ち出してフライパンを作る技術を持つ山田工業所に制作を依頼しているそうで、 叩きに叩いて作り上げられるそのフライパンは丈夫そのもの。 通常よりも厚手の鉄板を用いているので、熱の通りもすこぶる良し。 さらに個人的に気に入ったのは、、フライパンに蓋がしっかりのるように、持ち手部分を少し下の位置に取り付けられていること。 毎日使うものなので、この細やかさがあるかないかで使い勝手は雲泥の差です。 しかもビスではなく、しっかり溶接しているのも抜け目がない。 意外と使いやすい 初めての鉄のフライパンだったので、正直使い勝手に不安があったのですが、いざ使い始めてみると全く問題なし。しっかり適量の油で炒めれば、焦げ付きなく、火の通りも早いので美味しく食材が炒められます。 洗う際は洗剤が必要なく(むしろ出来た油膜が剥がれてしまうのでNG)、タワシひとつで綺麗に汚れが落ちます。  少しずつ油が馴染んで艶が変わっていくその成長過程も楽しみの一つ。なんて男心をくすぐるのだろうか。 いまではこのフライパンでアルバイト時代に習得した炒飯に挑戦中。 卵とろとろの仕上がりを目指して、鉄と火加減の試行錯誤。 美味しいものがいつまでも作り続けられますように。  

釜浅商店

hiro

たまねぎ剣士

たまねぎ剣士

昔から料理をするのが好きで、学生の頃はアルバイトで中華料理屋で鍋を振るっていた時期もありました。 ラーメンも提供していたので、文字通り山ほどのネギを毎日包丁で刻んでいたのも良い思い出です。 いろいろ教えてくれた親方に感謝。  気晴らしのみじん切り 今でも食材を切っていると、とても気分転換になり、気晴らしに料理がちょうど良い。  そうなると大事なのは包丁。 やはり切れ味が良くないと、楽しい作業もストレスになってしまいます。 実家から持ち出した包丁もそろそろ切れ味が限界になってきたころ、料理人の友人にオススメされたのがこの包丁でした。  プロの皆さんが御用達のメーカーらしく、有名ではないが切れ味抜群でメンテナンスもしやすいとのこと。 また、たくさんある種類の中でもペティナイフをオススメされました。   ペティナイフ?そんな洒落たナイフなんぞより、万能包丁が欲しいんだと思いながら、実物の商品を見に。 いざ話を聞いてみると、ペティナイフとはなんと便利な包丁であることか。 家では言ってもそれほど大きな食材を切ることは少なく、小回りの効くペティナイフで十分。 よく使う玉ねぎに対してなんて、これが専用装備なんじゃないだろうか。 万能という言葉に踊らされていた自分が情けない。 料理人の友人(カレー屋さん)も、ほぼ調理はペティナイフ一本で行ってしまうらしい。 おそるべし、ペティナイフ。   ちなみにこのMisonoは、刀の街である岐阜県関市に所在を置く包丁専門メーカーとのこと。刀を作ってきた技術が包丁として実用されていると思うと、 改めて日本の文化が知らぬところで息づいていることに驚かされます。 どのデザインも派手さはありませんが、持ち手のフィット感はとても優秀。 海外から外国人の方が日本の包丁を求めて来日するとは話を聞いていましたが、初めて実感した思いです。 現代の刀鍛冶の作品に一度触れてみてください。オススメです。

釜浅商店