じゃじゃ馬から生涯の相棒へ

ヘルツにハマったのは社会人になり、少し経った頃でした。 私は仕事用には一般的な布地の鞄を使用していましたが『傷がついた』『穴が空いてしまった』と気になってしまう所があり、安価な物を購入しては捨てる事を繰り返していました。

出会い、育てる

 ある日、ネットでたまたま目にし出会ったのがヘルツの『ラックスリュック』です。
最初は鞄にこの値段をかけることをためらいました。
しかし、何日経っても頭から離れず表参道にあるヘルツ本店に向かい購入をしました。 ヘルツは1974年に創業された革製品専門店で鞄や財布、革小物など自社工房で作成し販売をしています。 


使いはじめは、じゃじゃ馬のように扱いにくく、革も硬かったのですが、使い慣れてくると長年寄り添った相棒かの如く使い勝手がよくなりました。
現在(使用してから約3年)まで、ほつれ・破れなども一切ありません。 さらに手入れを加える事でエイジングと呼ばれる経年変化が進むことで、色艶が増し新品よりもかっこよくなります。 

『革製品は手入れが大変』とそんな話を聞いた事があると思います。実際はめちゃくちゃ大変です。その手間以上に愛着が湧くのが革製品の良いところです。 手入れ自体は至って簡単です。まずは、水で濡らした布で優しく拭いてあげ、ヘルツがオススメするラナパーと呼ばれるオイルを与え、翌日に乾いた布で拭くだけです。 革自体は水には弱いですが、ブラックの革であれば、水シミはさほど気にならずラフに扱えるのでおすすめです。 

長く付き合う

皆さんの手元にある物で10年後まで使えるものはなにがありますか?10年後に残る物の1つにこの製品は入ると思います。 手入れをし、革を育て、大事にしている物こそ一生物として使える価値があると私は思います。現に人生の先輩方は、20年愛用している方も少なくはありません。 ヘルツは、アフターケアをしっかりしてくれる所に強みがあります。生涯、相棒となる手助けをし、共に過ごせるようにアフターケアをしてくれる事に20年使える秘密があるのだと思います。 

そして、HERZは『丈夫』を意味します。 道具として丈夫であることが第一にあり、力強く生き生きとした鞄を提供してくれる製品です。 『同じ革目である』『同じエイジングをする』など元は生き物なのでひとつとして同じ物はありません。 だからこそ革製品は愛着が湧き、育てる楽しさがあるのです。

このブランドの新着ストーリー

すべて表示

yuubon

じゃじゃ馬から生涯の相棒へ

じゃじゃ馬から生涯の相棒へ

ヘルツにハマったのは社会人になり、少し経った頃でした。 私は仕事用には一般的な布地の鞄を使用していましたが『傷がついた』『穴が空いてしまった』と気になってしまう所があり、安価な物を購入しては捨てる事を繰り返していました。 出会い、育てる  ある日、ネットでたまたま目にし出会ったのがヘルツの『ラックスリュック』です。 最初は鞄にこの値段をかけることをためらいました。しかし、何日経っても頭から離れず表参道にあるヘルツ本店に向かい購入をしました。 ヘルツは1974年に創業された革製品専門店で鞄や財布、革小物など自社工房で作成し販売をしています。  使いはじめは、じゃじゃ馬のように扱いにくく、革も硬かったのですが、使い慣れてくると長年寄り添った相棒かの如く使い勝手がよくなりました。 現在(使用してから約3年)まで、ほつれ・破れなども一切ありません。 さらに手入れを加える事でエイジングと呼ばれる経年変化が進むことで、色艶が増し新品よりもかっこよくなります。  『革製品は手入れが大変』とそんな話を聞いた事があると思います。実際はめちゃくちゃ大変です。その手間以上に愛着が湧くのが革製品の良いところです。 手入れ自体は至って簡単です。まずは、水で濡らした布で優しく拭いてあげ、ヘルツがオススメするラナパーと呼ばれるオイルを与え、翌日に乾いた布で拭くだけです。 革自体は水には弱いですが、ブラックの革であれば、水シミはさほど気にならずラフに扱えるのでおすすめです。  長く付き合う 皆さんの手元にある物で10年後まで使えるものはなにがありますか?10年後に残る物の1つにこの製品は入ると思います。 手入れをし、革を育て、大事にしている物こそ一生物として使える価値があると私は思います。現に人生の先輩方は、20年愛用している方も少なくはありません。 ヘルツは、アフターケアをしっかりしてくれる所に強みがあります。生涯、相棒となる手助けをし、共に過ごせるようにアフターケアをしてくれる事に20年使える秘密があるのだと思います。  そして、HERZは『丈夫』を意味します。 道具として丈夫であることが第一にあり、力強く生き生きとした鞄を提供してくれる製品です。 『同じ革目である』『同じエイジングをする』など元は生き物なのでひとつとして同じ物はありません。 だからこそ革製品は愛着が湧き、育てる楽しさがあるのです。

HERZ