極寒キャンプも貴方と一緒なら安心

北海道の冬でキャンプに行くために

キャンプが大好きで月に2回ほど、ソロキャンプに出かけていた。
北海道に長い冬がやってきたとき今の装備では冬の極寒キャンプに行けないと思い装備を改めることに。

就寝時は一酸化炭素中毒や火災の恐れがあるため、火気は使用しない。そのため寒くて眠れなかったという事態を防ぐためにはハイスペックなシュラフが必要だと感じた。

−25度でも眠れる...!?

シュラフの種類もたくさんあり、性能も見た目も値段もピンからキリまで・・・。
命に関わることなのでしっかり納得したものを選びたい!!
いろいろなメーカーのシュラフを調べているとISUKAのシュラフに出会った。

最低限会温度マイナス25度(最低限界温度=リミット温度 表記の外気温であれば、なんとか寝られる限界温度)でも眠れるシュラフ。
冬の北海道・大雪山でも眠れるようで、山に全く登らずキャンプ場でキャンプをする私には最高なシュラフだと思い購入を決意。

−26.5度の極寒キャンプから無事生還

大寒波が来ていた日にキャンプを決行。朝方には手元の温度計がマイナス26.5度。
限界温度を超えていたがプラスで湯たんぽと毛布を使用していたので寒さを感じることなく熟睡。最強寒波に勝利。

ISUKAのAIRシリーズは寒さを感じ安い足元にダウンを多めに入れ、ゆったり設計にしてあることでマミー型シュラフ特有の圧迫感を軽減している。
またテント内の結論でダウンが濡れて保温性が劣ってしまわないように撥水加工がしてある。高性能シュラフで快適に過ごすことができた。

寒さの体感は人それぞれなので、少しずつ寒さには挑戦した方がいいでしょう。

このブランドの新着ストーリー

すべて表示

ゆちゃん CAMP

極寒キャンプも貴方と一緒なら安心

極寒キャンプも貴方と一緒なら安心

北海道の冬でキャンプに行くために キャンプが大好きで月に2回ほど、ソロキャンプに出かけていた。北海道に長い冬がやってきたとき今の装備では冬の極寒キャンプに行けないと思い装備を改めることに。 就寝時は一酸化炭素中毒や火災の恐れがあるため、火気は使用しない。そのため寒くて眠れなかったという事態を防ぐためにはハイスペックなシュラフが必要だと感じた。 −25度でも眠れる...!? シュラフの種類もたくさんあり、性能も見た目も値段もピンからキリまで・・・。命に関わることなのでしっかり納得したものを選びたい!!いろいろなメーカーのシュラフを調べているとISUKAのシュラフに出会った。 最低限会温度マイナス25度(最低限界温度=リミット温度 表記の外気温であれば、なんとか寝られる限界温度)でも眠れるシュラフ。冬の北海道・大雪山でも眠れるようで、山に全く登らずキャンプ場でキャンプをする私には最高なシュラフだと思い購入を決意。 −26.5度の極寒キャンプから無事生還 大寒波が来ていた日にキャンプを決行。朝方には手元の温度計がマイナス26.5度。限界温度を超えていたがプラスで湯たんぽと毛布を使用していたので寒さを感じることなく熟睡。最強寒波に勝利。 ISUKAのAIRシリーズは寒さを感じ安い足元にダウンを多めに入れ、ゆったり設計にしてあることでマミー型シュラフ特有の圧迫感を軽減している。またテント内の結論でダウンが濡れて保温性が劣ってしまわないように撥水加工がしてある。高性能シュラフで快適に過ごすことができた。 寒さの体感は人それぞれなので、少しずつ寒さには挑戦した方がいいでしょう。

ISUKA