一生モノのフライパン

父親のアウトドア好きが遺伝

父が乗り物やアウトドアが好きで、幼少期から中学生くらいまでは、よく家族でキャンプに行っていました。

そんな子ども時代を過ごしたのもあって、大学生になると愛車のバイクに、なけなしのバイト代で揃えたキャンプ道具を積んで、何度かキャンプツーリングに行ったりしていました。

社会人になってからは、より本格的に道具を揃えて、少しずつ自分の理想のキャンプができるようになってきました。

焚き火で大きなステーキを焼きたい

キャンプでの醍醐味は焚き火だと思っています。そして、その焚き火の火で作るキャンプ飯は、家庭では絶対に真似できない美味しさを提供してくれます。

最初は100円ショップで買ったスキレットを使って色々作っていましたが、ある時YouTubeで観ていたキャンプ動画に出てきたturkフライパンに一目惚れし、「これで肉を焼きたい!」と思いました。

しかし、そう安い買い物ではなかったため、3~4年は買うのを渋って今した、そしてここ最近、ようやく手に入れることができました。

もっと早く買っておけばよかった

でかくて重くて扱いにくい。
下手すれば錆びてしまう。
今時のフライパンとは比べ物にならないほど、扱いにくい鉄フライパンですが、ドイツの職人が一つ一つ手作りで作り上げたそのフライパンは、100年もつと言われています。

そしてなにより、このフライパンで焼くステーキは最高に美味しかったです。

キャンプにも映えるのでついつい写真も増えてしまいます。

家でもたまに使っており、今では一番のお気に入りです。

このブランドの新着ストーリー

すべて表示

Yasu

一生モノのフライパン

一生モノのフライパン

父親のアウトドア好きが遺伝 父が乗り物やアウトドアが好きで、幼少期から中学生くらいまでは、よく家族でキャンプに行っていました。 そんな子ども時代を過ごしたのもあって、大学生になると愛車のバイクに、なけなしのバイト代で揃えたキャンプ道具を積んで、何度かキャンプツーリングに行ったりしていました。 社会人になってからは、より本格的に道具を揃えて、少しずつ自分の理想のキャンプができるようになってきました。 焚き火で大きなステーキを焼きたい キャンプでの醍醐味は焚き火だと思っています。そして、その焚き火の火で作るキャンプ飯は、家庭では絶対に真似できない美味しさを提供してくれます。 最初は100円ショップで買ったスキレットを使って色々作っていましたが、ある時YouTubeで観ていたキャンプ動画に出てきたturkフライパンに一目惚れし、「これで肉を焼きたい!」と思いました。 しかし、そう安い買い物ではなかったため、3~4年は買うのを渋って今した、そしてここ最近、ようやく手に入れることができました。 もっと早く買っておけばよかった でかくて重くて扱いにくい。下手すれば錆びてしまう。今時のフライパンとは比べ物にならないほど、扱いにくい鉄フライパンですが、ドイツの職人が一つ一つ手作りで作り上げたそのフライパンは、100年もつと言われています。 そしてなにより、このフライパンで焼くステーキは最高に美味しかったです。 キャンプにも映えるのでついつい写真も増えてしまいます。 家でもたまに使っており、今では一番のお気に入りです。

Turk