燃え上がるブービーバード

家族&グループで楽しむ焚火

もともとソロ用の焚火台はいくつか持っていましたが、ファミリー&グループに最適な火力のある焚火台を探していたところ、あのチャムスから焚火台が発売されるとの情報をキャッチ!

チャムスといえばPOPでキャッチーな、どちらかと言えば可愛いイメージをもっていましたので、自身のキャンプスタイルとは違うと思い候補には上がっていませんでした。しかしメーカーリリース画像を見て、いい意味で裏切られました!

燃え上がるブービーバード

店頭で実物を見て衝撃でした。チャムスロゴの型抜きと、ブービーバードの足跡をあしらった、チャムスらしいポイントはありますがいかにも頑丈そうで35cmの薪がすっぽり入る四角い大型フォルムは、意外にも男前なフォルムに戸惑いすら覚えました。

そして極めつけは、型抜きされたチャムスロゴの酸素取り入れ口から、メラメラと燃え上がる赤い炎が....。 Chumsとなって浮かび上がります。デザイン、火力、扱い易さ....自分の理想の焚火台が見つかり、衝動買いでした。

このブランドの新着ストーリー

すべて表示

kaitaishiyodosiyoo2019

毎年恒例ハロウィンキャンプ!

毎年恒例ハロウィンキャンプ!

チャムスのコヤテントtcでハロウィン! 毎年恒例のハロウィンキャンプ、今回は朝霞高原オートキャンプ場でやりました。去年とは違うチャムスのコヤテントtc、ロッジ風テントはピッタリハマります一際目立つテントのおかげで沢山の子供達が集まってきてくれました 本当に奮発して買った甲斐がありましたテントの窓からは外が見えて朝日も差し込み良い感じです。出入り口も大きく子供達が出入りするにもちょうど良く幕内は天井が高く背伸びしても届かないくらいです。tcというだけあってか、ストーブをつけると幕内がポカポカ外は3度という気温でも暑いくらいでした。 幕内は広々、寝床はさらに広し! チャムスコヤテントtcの幕内はレイアウトによっては家より快適で部屋の様!下手なワンルームより広くて窓にはカーテンも付属してるので外からも中からも可愛く見えますまだまだオシャレには程遠いですが頑張ってオシャレに見えるように頑張ってます寝室はダイニングの1.5倍あり大人が5人で寝ても余裕がある広さ!これには驚きましたがその分ダイニングを広くとって欲しかったなと思いましたが満足してます。 夜は家感やオシャレ感が更にアップ! 夜は通りかかるキャンパーさんに「家じゃん」や「可愛い」など声が聞こえました。その言葉を待っていたんです!入り口にランタンを吊るすと更に良い感じになりベンチレーターにプリントされてるチャムスのロゴも際立ちますお値打ちものですが一年を通して使えるテント安定のメイン幕です

CHUMS

34.camp

キャンプデビュー

キャンプデビュー

キャンプデビュー キャンプデビューしてきました♪自然に囲まれて自分たちが集めたギアを配置するのがワクワクして楽しかったです♪   チャムスのテント ファミリーキャンプをするにあたって、私達はチャムステントを購入しました♪何より柄が可愛すぎて即決♪3人使用なのでゆったり寝れてよかったです♪  

CHUMS

tarfixxx

レトロキャンプスタイル

レトロキャンプスタイル

koya tentに憧れ chums のkoya tent、水色の色味とkoyaのネーミング通りの家のような佇まいが気に入って欲しいと思っていました 購入タイミングが来るなんて、、、 購入意欲がMaxに高まってる我が家に一通のメールが、、、そこにはchums のkoya tent使ってないから譲るよと友達から誘いが そして譲り受ける 奇跡の出会いと破壊的な価格で譲ってもらったkoya tentは我が家のレギュラーです。

CHUMS

塚田 正紀

チャムスとアンティーク

チャムスとアンティーク

チャムスとの出会い 防災のために始めたようなキャンプも気がつけば何よりの楽しみになっていました。キャンプギアを揃えるにあたって、我が家のスタイリング担当の妻と相談し、たどり着いたのがチャムスでした。キャンプといえば素人考えでスノーピークやコールマンが良いのかなと思っていましたがチャムスのポップで見ていて楽しいギアに心を奪われ、あれもこれも揃えたところ我が家のキャンプギアはほとんどチャムス一色になりました。 どこでも華やかなサイトに 一度決めたらとことん集めるのが我が家の家訓。妻と毎日サイトを見て気になったものをとことん集めてテント、タープ、クーラーボックス、チェア、テーブル、焚き火台、ブービーバードととにかく揃えました。またキャンプ用の車としてチャムスカラーとも良く合うワーゲンバスも購入したくらいです。キャンプサイトでチャムス一色にしたところ、可愛らしいサイトが出来上がったのです。真冬でもキャンプ気分を味わいたく自宅の駐車場でもキャンプするほどハマっています。  これからのキャンプ 今後のキャンプについて我が家のスタイリング担当の妻は元々大のアンティーク好きなので、チャムスと相性を考えて、レトロで可愛い、アンティークキャンプを夫婦で育てていきたいと思います。

CHUMS