ブランド公式お試しストア

Kaz Delighting All

ホテル・旅館・飲食店の経営再建•改善コンサルティングファーム 代表

このライカーのストーリー

すべて表示

Kaz Delighting All

福岡、いや九州のソウルお菓子 千鳥屋

福岡、いや九州のソウルお菓子 千鳥屋

誰もが知る銘菓ぞろい 福岡県民はもちろん、九州人にとってもお馴染みのお菓子、千鳥饅頭やチロリアン。1630年創業の千鳥屋のお菓子は、お土産としてはもちろん、普段のお茶請けやおやつとしても愛されている。このお菓子の美味しさが、子供時代の懐かしい思い出と結び付いている人も多いはず。私もそんな千鳥屋ファンの一人。 福岡に住む親戚のおばちゃんがいつも買ってきてくれた 熊本出身の私は、父親の実家で祖父母と共に生活していた。福岡に嫁いだ伯母が年に数回帰省してくるのだが、その時に必ず買ってきてくれたのが千鳥饅頭とチロリアン。このお土産がとにかく楽しみだった。 特にチロリアンは大好物で、おばちゃんが来た瞬間お土産の紙袋をもぎとっていた記憶が。4~50年程前の話で、田舎に住んでいる人から見ると「外国っぽい名前が付いた、とてもお洒落なお菓子」という印象だった。もしかしたら私がおねだりしていたのかもしれないなぁ。 みんな「中のクリームを吸い込む」ことに挑戦 当然だけど、チロリアンはそのまま食べるのが一番美味しい。ただ、子供の頃だれもが一度はやったこと、それは「中のクリームを吸い込む」挑戦。かなりの肺活量が必要で、一気に抜けたときの達成感と、のど奥をクリームが直撃するむせ感。 お正月にみんなが集まり、兄弟やいとこと競い合って笑いまくった光景がいまも目に浮かぶ。美味しさと共に、この挑戦も子供時代のチロリアンとの思い出。これからも家族や親族、また友人らとの憩いの場で千鳥屋のお菓子を楽しんでいきたい。

千鳥屋