ブランド公式お試しストア

20代男性。子供たちの憧れのヒーロー(先生)になるために幼稚園・保育園で体操の先生をやってます。
靴磨き、革製品、サッカー、料理が好きで30歳までに趣味を10個探そうとしている、3度のメシより革が好き。ゆうぼんです。
instagram:@yuubon1030
twitter:@yuubon1030

このライカーのストーリー

すべて表示

yuubon

踵を鳴らして、素敵な場所に連れて行って

踵を鳴らして、素敵な場所に連れて行って

宮城興業は1941年に創業された国内一貫生産に拘った革靴製造業社であり、私はその中の謹製誂靴というパターンオーダーを好んで履いています。 最近、靴は消耗品と軽視され、サイズは大きめ、踵がなくなるまで履くという足には良くない履き方をする方が大変多くいます。 宮城興業は靴の楽しさ、正しさを知る製品だと思っています。 自分好みに仕立てる 通常販売されている靴はサイズが決められておりその中から購入をすると思います。パターンオーダーとは、簡単なオーダーメイドであり、足の実寸サイズ、また、横幅(ウィズ)を計測します。 その後ラスト(靴の型)を3パターンある中から一つを選び、さらに好みのデザインを決めます。革の種類、底の種類などオプションで自分好みの1足に仕立てる事が可能です。 靴屋によっては靴の微調整やインソール作成、アフターケアをしてくれるお店もあります。  靴は消耗品? 私の場合、Gozovationと呼ばれる八王子の靴屋さんで宮城興業のパターンオーダーをお願いしています。 このお店はオーダーインソールや、コンフォートシューズなども取扱い、詳しく丁寧に説明・接客をしてくださる為、都外からもお客様が見える程、お客様からの信頼に厚いお店です。 先程も伝えましたが、革靴を消耗品と考えている方も多いと思います。 私は消耗品ではなく、履き慣れた靴ほど良い経年変化があり、共に人生を歩み寄れる一つの『道具』だと考えています。 製法次第では、底材を交換することも可能で10年20年と履ける道具となります。コストパフォーマンスで言うと、安い靴を履き変えた方が安く済む場合もあります。 ただし、履き潰す靴に愛情は持てますか? 新品を買い替えるのは気持ちがいいとは思いますが、その気持ちは最初だけで、後に靴への気持ちは下方していきます。  靴に愛を。 良い靴とは、自分が欲しいと思った1足を大事に手入れをすることで長く使い、愛情が持てます。自分が1から選んだ靴なら尚更です。 購入した当初から気持ちが上方していく靴が良い靴の定義であると私は思います。 しっかりと手入れを施し、エイジングが進んだ靴を履いている10年後の自分を想像してみてください。 『素敵な靴は素敵な場所に連れてってくれる』という名言がありますが、人生や仕事も『少し』だけ今より楽しくなると思います。

宮城興業株式会社

yuubon

じゃじゃ馬から生涯の相棒へ

じゃじゃ馬から生涯の相棒へ

ヘルツにハマったのは社会人になり、少し経った頃でした。 私は仕事用には一般的な布地の鞄を使用していましたが『傷がついた』『穴が空いてしまった』と気になってしまう所があり、安価な物を購入しては捨てる事を繰り返していました。 出会い、育てる  ある日、ネットでたまたま目にし出会ったのがヘルツの『ラックスリュック』です。 最初は鞄にこの値段をかけることをためらいました。しかし、何日経っても頭から離れず表参道にあるヘルツ本店に向かい購入をしました。 ヘルツは1974年に創業された革製品専門店で鞄や財布、革小物など自社工房で作成し販売をしています。  使いはじめは、じゃじゃ馬のように扱いにくく、革も硬かったのですが、使い慣れてくると長年寄り添った相棒かの如く使い勝手がよくなりました。 現在(使用してから約3年)まで、ほつれ・破れなども一切ありません。 さらに手入れを加える事でエイジングと呼ばれる経年変化が進むことで、色艶が増し新品よりもかっこよくなります。  『革製品は手入れが大変』とそんな話を聞いた事があると思います。実際はめちゃくちゃ大変です。その手間以上に愛着が湧くのが革製品の良いところです。 手入れ自体は至って簡単です。まずは、水で濡らした布で優しく拭いてあげ、ヘルツがオススメするラナパーと呼ばれるオイルを与え、翌日に乾いた布で拭くだけです。 革自体は水には弱いですが、ブラックの革であれば、水シミはさほど気にならずラフに扱えるのでおすすめです。  長く付き合う 皆さんの手元にある物で10年後まで使えるものはなにがありますか?10年後に残る物の1つにこの製品は入ると思います。 手入れをし、革を育て、大事にしている物こそ一生物として使える価値があると私は思います。現に人生の先輩方は、20年愛用している方も少なくはありません。 ヘルツは、アフターケアをしっかりしてくれる所に強みがあります。生涯、相棒となる手助けをし、共に過ごせるようにアフターケアをしてくれる事に20年使える秘密があるのだと思います。  そして、HERZは『丈夫』を意味します。 道具として丈夫であることが第一にあり、力強く生き生きとした鞄を提供してくれる製品です。 『同じ革目である』『同じエイジングをする』など元は生き物なのでひとつとして同じ物はありません。 だからこそ革製品は愛着が湧き、育てる楽しさがあるのです。

HERZ