ブランド公式お試しストア

シンプルで長く愛でることができるモノが好きなサラリーマン

このライカーのストーリー

すべて表示

ara_pe

悪路も頼りになるこの靴と

悪路も頼りになるこの靴と

悪天候の苦労人 社会人になりたての頃、スーツに合わせる長靴としてこの靴を購入しました。ダイナイトソールの剛健さによりどんな悪路も気にならない頼もしい存在です。出番のほとんどは、ただのラバーソールでは心許ない土砂降りや雪などの悪天候で、手入れもままならず酷使され続けることもしばしば、改めて考えると本当に苦労の多い靴だと思います。 環境の変化、役割の変化 この靴を購入してからそろそろ10年になりますが、10年の中で私を取り巻く環境にいくつもの大きな変化がありました。 これまでこの靴はスーツに合わせるのみでしたが、ふとした機会に私服に合わせてみると不思議とすんなりと受け入れることが出来ました。ファッションの変化、好みの変化といった色々な変化の中でこの靴の役割も変化したのだろうと思います。 雨の日も、晴れの日も、 革靴の魅力の一つに経年変化があり、この靴も履いてきた相当には経年変化を果たすことが出来ていると思います。一方で、予期せず生じたこの靴の役割の変化は、この靴にとってだけでなく、私自身の可能性の広がりを感じるものでした。 最近はこれまで以上に社会や身の回りの変化を感じる機会が多くあります。そんな中にあって私自身がこの靴と共に変化を楽しみつつ、雨の日も、晴れの日も、歩みを進めて行くことが出来れば何よりです。

JALANSRIWIJAYA