ブランド公式お試しストア

【公式】visionpeaksスタッフ

公式【 visionpeaksスタッフ】

Youtubeでは、設営動画や比較動画などを配信しているので、こちらもチェックしてみて下さい!
https://www.youtube.com/channel/UCN4K2BnjjjYqBsYxc45q7yA

公式サイト
https://visionpeaks.himaraya.co.jp/

このライカーのストーリー

すべて表示

【公式】visionpeaksスタッフ

クアトロアーチ2ルームテント+RFの紹介

クアトロアーチ2ルームテント+RFの紹介

アウトドアの祭典【FIELDSTYLE JAMBOREE 2020】でも、大好評だった【クアトロアーチ2ルームテント+RF】。 【FIELDSTYLE JAMBOREE 2020】では、「今すぐほしい!」や、「先行発売はしないのか?」などなど、本当にうれしいお言葉をたくさん頂きました。そんな、人気テント【クアトロアーチ2ルームテント+RF】の紹介です!   【クアトロアーチ2ルームテント+RF】は、これまで3年間販売してきましたテント『クアトロアーチ2ルームテント』のリニューアルモデルです。620x330x210H cmのサイズは、テント内の有効スペースは維持しながら長さを50cm短くして設営スペースを節約し、区画サイトでも設営しやすくしました。   名前に付いた「+RF」はルーフフライの略で、夏の遮光製アップ、冬の断熱性アップ、結露も減少させ、さらにサイドタープになります。サイドタープ用のアップライトポールは3本標準装備しています。別にタープを張る必要はありません。これも区画サイトで設営しやすくするための工夫です。 クアトロアーチ2ルームテント+RF品番:VP160101K01  価格:¥67,900(税込) リビングスペースと寝室が一体となったオールインワンテント。吊り下げ式のインナーテントを外せば、広大なシェルターとしても使用可能。サイドタープ付きルーフフライを標準装備し、様々ばバリエーションを楽しめます。 スペック使用人数目安: 5人サイズ:フライサイズ/620×330×210(H)㎝インナーサイズ/(300/220)×220×180cm収納サイズ /50×45×幅69㎝ルーフフライ/490×400cm素材:フライ/75Dポリエステルリップストップインナー/68Dポリエステルタフタフロア/210Dポリエステルオックスフレーム/アルミニウム:スチール重量:22.7kg耐水圧:2000mm付属品:フライシート、インナーテント、サイドタープ付きルーフフライ、メインポール2本(シルバー/レッド)、メインポール2本(シルバー)、リッジポール2本(シルバー)、サイドタープポール大1本、サイドタープポール小2本、ペグ26本、ロープ11本、収納ケース 特徴1 サイドタープ付きルーフを標準装備 雨音や、結露を抑えたり、生地の劣化を軽減するルーフシートを標準装備。天井部分が2重構造になるので、遮光性も高く睡眠時も快適です。さらに、サイドタープ付きだから別売りのタープを購入しなくても、広々の日陰面積。サイドタープ用のアップライトポール3本も標準装備。サイドタープは、夏場や日差しと雨を遮る屋根として設置したり、冬場は巻き上げて、冷たい空気の侵入を遮断するシェルターとして使ったりとシチュエーションに合わせて設置可能。ルーフを外して、フライシートだけで使用することもできます。 特徴2 シェルターとしても大活躍! インナーテントは吊り下げ式だから、外せば広大なシェルターとして使用可能。シェルターとして使えば、天井までの高さが約2.1×横6.2×幅3.3mとゆったり広々サイズ。外からの風や雨、冷気の侵入を防げるので、寒い時期も快適です。 インナーテントを置いた状態でもファミリーでゆったり過ごせる空間です。(下画像参考) 特徴3 両サイドに大型ドア付き 本体両サイドからも出入りが可能。前方ドアも巻き上げれば、3方向から出入りができてとっても便利です。 サイズ情報 他にも、スカートや、リッジポールなどいろんな特徴がありますので、是非[ヒマラヤ]公式ページをご確認ください。  

VISIONPEAKS
2ルームテント クアトロアーチ2ルーム+RF

【公式】visionpeaksスタッフ

BBQや各種イベントでも便利なアイテム

BBQや各種イベントでも便利なアイテム

VISIONPEAKSのベンチは他のメーカーとは一味違う特徴があり、店頭で試されたお客様から高評価頂いています。 その違いとは座面の高さ! 他のメーカーは地面から約30cmと低い設定ものが多いですが、リラックスアームレストベンチは約38cmと少し高い設定になっています。これにより大人は立ち上がりやすく、子供でも座りやすい座面の高さとなっております。実際に座ってみていただくと「あ~、なるほど。」と仰られるお客様が多いです。   生地に張りがあるタイプのソファーなので、食事をするときもおなかに力をいれることなく、食事ができますので、長時間座っても快適な座り心地です。 木製フレームに肘を掛ければ、極上の座り心地です(笑) 座面も広いので、大人二人で掛けてもゆったり座れます。荷物を降ろすときは、この広い座面が荷物置きとして活躍します。もちろん、耐荷重も140kgなので、2人座っても大丈夫です。 デメリットを上げるなら、サイズ感です。通常のチェアよりも収納サイズが大きいので、車に乗せると場所をとります。    

VISIONPEAKS
アウトドアベンチ リラックスアームレストベンチ

【公式】visionpeaksスタッフ

新しいヒット商品の予感!

新しいヒット商品の予感!

初めて入荷した日に、「この価格で、この見た目は!!」とスタッフ内でざわつきました。落ち着いたトーンのファブリックにブラックフレーム、そしてウッドのアームレスト。それがなんと¥3.990!! 木製パーツの多いビジョンピークスですが、他の商品との相性もバッチリです。キャンプだけでなく、おうちキャンプにも良いのでないでしょうか?家でもキャンプでも活躍する新しいヒット商品の予感です。   高さも高すぎず、低すぎずの高さ設定で、40cmぐらいのロースタイルテーブルなら違和感のない高さ設定です。足の形状も設置面積が多きいので、地面に足が沈み込んでしまうこともないので安心です。

VISIONPEAKS
アウトドアチェア ウッドアームレストローチェア

【公式】visionpeaksスタッフ

TCティピシェルターがリニューアルしました

TCティピシェルターがリニューアルしました

TCティピシェルター。 この製品は我々にとって、とても大切なものです。VISIONPEAKSを皆さまに紹介させて頂くにあたり、この製品を外して語ることはできません。 1、原点のモデル 開発当時、もう5年以上前です。 最初は、「TCチムニーテント」という名称でした。お恥ずかしいところ、全く皆様に受け入れて頂けない製品でした。なぜかというと、フロア(床)があったからです。 我々は、必ず受け入れて頂けると確信して発売しましたが、結果は散々なものになってしまいました。 当時、「カンガルースタイル」や「シェルター」という言葉が始まったころです。従来であれば、テントは当然のようにフロア「床」があることが当たり前でしたが、我々はそれに全く違和感を感じておりませんでした。 そのため、フロア「床」のある「ワンポールテント」として発売したんです。 気づいたのは、今のように秋冬キャンプが定着する前の夏の終わり頃でしょうか?ほとんどの製品が売れずに残ってしまっていました。 我々はミーティングを重ねました。「どうして買っていただけないのだろう?」、「ワンポールテントは無理なのであろうか?」「そもそも、TC(ポリコットン)がいけないのかなあ。」などなど。 でも、これからは「TC(ポリコットン)の時代だ!」 という思いから、何とかしようと奮起しました。そして生まれた商品が、この「TCティピシェルター」なのです。 我々は思い切ってフロア(床)を外して、シェルターとしてリニューアルをしたのです。さらには、インナーテントを付属して、「シェルター」としても使っていただける仕様に変更し、さらには「インナーテント」で宿泊もできるテントに生まれ変わらせました。 すると翌年、大ヒットです。「我々からすると、ユーザーの皆様の想いを製品に込める。」それを分からせてくれたとても大切な商品です。 2、何が変わったの? 最大の変更点です。 インナーテントです。従来のモデルは、インナーテントをペグ打ちする仕様でした。そのため、弱点は、「フロアがせまい」ことでした。 今回は以下の画像のように、インナーテントの端をシェルターの隅の「Dリング」にフック掛けできる仕様に変更しました。 これにより、フロアを約1.2倍の広さに拡大できました。もともと、他社様製品よりも狭いというお声がありましたが、今回のリニューアルで改善できました! ちなみに、画像の黒いフックが後ろ側です。 前面には以下画像のように赤いフックで前と後ろが判別できるようにしております。 TCティピシェルター(インナー付セット)VP160101I01 3、どんな風に使ってほしいの? フロアが広くなり、さらには、別売りの「フォールディングテントマット2ルーム」VP160301G01がほぼピッタリ設置できる仕様になりました。「ほぼ」というのも、テントに対して専用設計ではありませんので、このテントとマットの組み合わせの場合、テントの左右方向に少し隙間ができるような感じになります。お客様によってはピッタリとフィットするのが当たり前というお考えの方もおられると思いますが、当社としては人が寝る部分をカバーすることを目的にしているのでテントではなく人に合わせております。ご理解くださいませ。 ぜひとも、新しく生まれ変わった TCティピシェルター(インナー付セット) VP160101I01 サンドベージュ よろしくお願い致します! それではまた。

VISIONPEAKS
2ルームテント クアトロアーチ2ルーム+RF

【公式】visionpeaksスタッフ

軽くてコンパクト収納で組み立て簡単!

軽くてコンパクト収納で組み立て簡単!

ヘリノックスのチェアだと、1脚一万円前後しますが… visionpeaksのグラムチェアは、なんと3,990円(税込) あくまでも私の所感ですが、座り心地に差はないです。 生地もしっかり厚めの生地を使用し、フィット感もいいです。   唯一の違いとしては、ヘリノックスのチェアワンと違い、メッシュ部分や切込みがない点ですかね。 ただ、私は秋もキャンプをするので、ちょっと肌寒い日など風をがっちりガードしてくれるので、私はグラムチェアを選びました。   グラムチェアの一番のポイントは、ンパクト収納です! 収納すれば2Lのペットボトルぐらいになるので、コンパクトかつ軽量で持ち運びがしやすいです。 ■収納時:40cm×11.5cm×厚み10cm■製品重量:1020g(収納バッグ含む)   座り心地は、お尻が包まれるような感じで、小さいけど以外に座り心地がいいです。夏の花火大会やピクニックなど、荷物を多くしたくない時はこのコンパクトさが重宝します。   ■寸法:幅52cm×奥行き53cm×高さ67cm■座面の高さ:前方35cm×後方30cm ■耐荷重:80kg   ■特にお勧めしたい方荷物を少なくしたい(花火、ピクニック、ツーリング、ソロキャンパーなど)軽いチェアが欲しいバリエーションのあるカラー展開も魅力が魅力の一つです♪   デメリットとしては、小さく軽いがゆえにたまに「風」で倒れます… もちろん。座っていれば大丈夫ですよ。   皆さんは、アウトドアチェアは何を使っていますか? テント、クーラーボックス、シュラフ、マット、テーブル、チェア…etcなど車に詰めていくと、荷物が多くて車がパンパンになりますよね。 そんな時。収納性、コンパクト性は非常に重要とです。よかったら参考にしてください。   もちろん、大きくてもいいので、リラックスを優先したいという方もいると思います。キャンプへ行くとき何を重要視するかで荷物も変わってきますね。   すべての人に OUTDOOR LIFE を。    

VISIONPEAKS
アウトドアチェア グラムチェア