ブランド公式お試しストア

年間30泊以上のファミリーキャンパーだったのですが、コロナの影響でデイキャンプメインになってしまったアラフォーキャンパーです。

このライカーのストーリー

すべて表示

mitokon1103

キャンプチェアの探求

キャンプチェアの探求

キャンプチェアは色んな種類がある キャンプを長くしていると色んな椅子に出会う。座り心地が良くても、見た目が良くても、値段が高すぎるや、収納性が無いなど、メリットデメリットが必ずある。キャンプを始めた時は椅子なんて座れれば良いと思っていた。キャンプで色んな経験をすると、キャンプの最中は実は座っている時間が長い事に気づく。また、色んな方とキャンプをすると、座っている時の目線の違いも合わせた方が良いと思ってしまう。座面の高さは30cmのものから40cmの物、座面のおしり側が沈んでいるものやフラットなもの、肘掛がある物、無いもの、あるけど少し湾曲している物など、材質も、ステンレス製、アルミ製、ジュラルミン製、木製など、椅子の個性も大いに悩むところ。 椅子へのこだわり そんな時に、出会ったのが、ビジョンピークスのクラシックバタフライチェアだった。 まず見た目は、アイボリーカラーの木製品で色んな幕に合わせやすい。座布は、コットンキャンバスの使用で火の粉に強く、焚き火回りでも少し安心して使えるチェアでありながら、収納ケース有り座面の高さは、33cm、重さ、3.3kg、耐荷重、80kg、収納ケース有りとキャンプ用チェアとしてのスペックは問題無し。値段は、ほかの椅子と比べると比較的お手頃価格ではあるが、我が家には既に椅子は揃っていたが家族全員揃えるとなると少し大きな出費となる。 セールの案内 そんなある日、突然のセールの案内がきて、納得の値段だったのでコスパがクリアされたら買うしかないと思い立ちいざ購入。 実際に使ってみると、座面高さロースタイルで問題無し。座面フラットで調理も、食べる時も座りやすい。肘置きはないけど、座面がフラットなので立ち上がりやすい。あとは、収納がコンパクトなので車への積載しやすい。同じような木製品と座面が帆布製品の中でも色んな製品があるけれど、高価なものが沢山ある中でお財布にも優しいビジョンピークスのバタフライチェアは我が家のオススメチェアになった。

VISIONPEAKS
アウトドアチェア クラシックバタフライチェア