ブランド公式お試しストア

音楽業界勤務。キャンプとサウナが趣味です。

このライカーのストーリー

すべて表示

Y_Suzuki

SFチックなビジュアルに一目惚れ

SFチックなビジュアルに一目惚れ

圧倒的にカッコよい、おしゃれなビジュアル。 キャンプを始める時に手に入れた、OD缶用のバーナーは一つ持っていたのですが、より手に入りやすいCB缶で使用できるバーナーを探している時に、インスタでおしゃれキャンパーさんが使っているのを見つけて一目惚れしました。他のバーナーにはない、まるでSF映画に出てくるようなデザイン。これはカッコいい!と思い、即決しました。実際手に取ってみると想像通り。所有欲を満たしてくれる、存在感に大変満足しました。 オリジナルカスタム可能な汎用性が魅力! 今や多くの方が愛用しているST-310。このバーナーの魅力はその機能だけではありません。押し込むタイプで若干使いづらい点火スイッチをカバーするアタッチメントや、熱くなる足をカバーするシリコンカバー。ダイソーで手に入り、奇跡的にシンデレラフィットする風防や、ヒーターアタッチメントなど、自分の使い方に合わせてカスタムできるのが、とても楽しいです。自分はネットオークションで手に入れた遮熱板とダイソーのまな板を使って遮熱テーブルを自作。今までどうしてもデッドスペースになってしまっていたCB缶の上もテーブルとして使えるようになって大変快適になりました。 朝の楽しみはこのバーナーと共に。 基本1泊のキャンプが多いので朝は焚火をしません。なのでご飯を炊いたり、お湯を沸かしたり、朝の調理はすべてこのバーナーで行っています。最近、コーヒーミルを手に入れて、豆から淹れるコーヒーを朝の楽しみにしているので、これからもこのバーナーと共に素晴らしい朝日を眺めたいと思います。

SOTO

Y_Suzuki

黒が映える最強のソロテント

黒が映える最強のソロテント

出会い 「すべての人にOUTDOOR LIFEを。」というコンセプトの元、洗練されたデザインとカラーバリエーションのキャンプギアをリーズナブルに提供する、ヒマラヤスポーツが展開するアウトドアブランド、それがVISIONPEAKS(ビジョンピークス)です。 2年前、ソロキャンプを始めて、とりあえず手にした海外製のテント。安価で使いやすく、それなりに満足していたのですが、半年ほど使用したところで、自分のキャンプスタイルとのマッチングのズレを感じ、そもそもつなぎの気分で買ったものだったので妥協していた“デザインのカッコよさ”にこだわり、条件を兼ねそろえた新たなテントを探し始めました。 毎日のようにネットでテントを漁り、実際に使用する妄想を繰り返した結果、自分のキャンプスタイルには、①コンパクトに収納・持ち運びできる ②広々とした前室がある ③設営が簡単 ④カッコいい という条件を満たす、ドームテントが合いそうだと気づきました。 某有名ブランドの人気の商品だと、予算オーバー。安価な海外製品だと機能やデザイン的に満足いくものがない、、、悩んでいる時に出会ったのがこの“クロウ”です。 カッコよさ重視の漆黒のカラーリングに有名ブランドの同型テントにも負けない機能性を持ち合わせ、値段もお手頃、品質も国内ブランドで安心、とすべての条件が揃い、迷うことなくカートに追加、貯まっていたポイントを全力で消費し、購入に至りました。 さっそくお試しお気に入りのポイント 届いてすぐ近所の公園で試し張り。想像を越える設営の手軽さは驚きでした。もともと持っていた海外製テントもドーム型だったので、同じ感じかと思っていたら、インナーテントの立ち上げの際、海外製は紐で各所結んでいくタイプだったのに対し、フックでひっかけていくだけ。フライシートの接続も樹脂製のジョイントを繋げていくだけ、と非常にスムーズで、初めてでもものの5分で設営完了。入り口をポールで展開することでキャノピーとしても活用でき、開放的なリビングスペースを作ることもできます。ロースタイルのイスであれば屋根の下に置いてくつろぐこともでき、(火の粉に気をつけながら)焚き火を楽しむことも。 今後にも期待 他にも同ブランドのソロ用のソフトクーラー、座椅子も使用しておりますが、どれもシンプルでカッコよく、リーズナブルなのに安っぽくないメーカーのこだわりが感じられるプロダクツ。ロースタイルの木製チェアーが気になって購入検討中。今後の商品展開にも期待大です。引き続きこの黒テントといろいろな景色を楽しみたいと思います。

VISIONPEAKS
テント ツーリングテント ツーリングドーム クロウ