ブランド公式お試しストア

製品情報
【定格電力】100V / 50-60Hz(最大1000W)
【設定時間】1分~99時間59分
【製品サイズ】高さ31cm / 幅5.5cm / 奥行き10cm(ホルダー含む)
【付属品】取説 / ガイドブック
【箱サイズ】縦33cm 横24cm 高さ7cm
【電源コード長】1.5m
【温度範囲】5℃~95℃(温度誤差:+/- 0.1℃ 冷却機能は有りません。
【湯煎容量】容量5ℓ〜15ℓ
【製品重量】1kg【wifi接続】2.4GHz
【製造国】中国
【使用地域】日本国内専用


前回プロ用としてリリースし大変好評をいただいたハイエンドモデルBONIQ Proをベースに引き算的思考でよりお求めやすい価格となる様に、家庭用としてはオーバースペックとなる消費電力とアルミボディを見直してコストダウンを実現しました。

BONIQ Proは大容量出力の【1200w】で【アルミボディ外装】を採用しておりますが、BONIQ 2.0 の出力は家庭用としては十分な1000w】、外装を【プラスチック樹脂】にする事でコストを見直し、よりリーズナブルな価格にすることが出来ました。

もちろんコストは抑えても見た目や質感には徹底的にこだわり、納得のいく質感が出るまでプラスチック成形の金型を2回も起こし直しました。プラスチック製品の安っぽさは一切感じず、マットでミニマルな質感であることをお約束します。

BONIQ Proをベースに開発した事によりProのスペックを多く引き継ぎ、家庭用低温調理器として3年前にリリースした初代BONIQより大幅にバージョンアップしました。


▼ハイパワー(1000W)
初代BONIQと比較して設定温度到達までの時間が25%短縮!!
12Lバルクアップコンテナも十分早く温めることができるができるので、高タンパク食を手軽に沢山作ることが出来ます。


▼小型化(約36%サイズダウン)
高さ 315mm / 直径 53mm / 重さ 1kg

手軽に持ち運べるサイズになり、友人宅でのホームパーティーやバーベキューなど色々な場所に持ち込んで仲間と一緒にボニークパーティーが出来ます。
パーティーでボニークしたお肉やお魚を出せば、確実に歓喜の笑顔が見れますよ!
コンセントのあるキャンプサイトであれば、屋外でお肉をボニークして表面を炭火で焼き上げるなんて大人の贅沢を楽しむことも出来ます。

▼デザイン性(質感の高い樹脂成形)
BONIQ Proはフルアルミのボディで高級感が飛躍的に高くなり大変好評をいただきました。コストを抑えるために、素材をアルミから樹脂へと変更したことで質感をチープにしないことに最大の配慮をしました。アルミの表面の様なマットで微細なシボ感をプラスチック成形の金型で再現するために、2度も金型を起こして直して納得のいく質感に仕上がりました。

キッチンインテリアと食をこだわる方に選んで頂きたいと思って作りました。

▼装着性(脱着式クリップホルダー)
ボトムキャップにマグネットが装着されているので、磁石がつく材質であればホルダー不要で自立し取り扱いがより楽になります。一方、クリップ式のホルダーを装着すれば鍋や大容量コンテナにも簡単に取り付けが出来るので便利です。

▼防水仕様(IPX7)
BONIQ Pro同様、BONIQ2.0は完全防水なので丸洗いする事が出来ます。油汚れなど気にせずに、洗剤で洗って綺麗な状態を維持して下さいませ。

※ IPX7(水深1mに30分沈めても浸水の無い状態)

▼Wifi連携 (オリジナルアプリ) → ガイドブック

Wifi接続で、加熱進行を止めたいときには温度を低くするといった操作や帰宅前に水温だけ上げてすぐに調理開始するといった操作が外出先からも可能です。

また、マルチステップでの加熱が可能になりますので最初の45分は80℃で次の15分は90℃で加熱といったマニアックな調理方法も可能になります。アプリストアで「BONIQ Remote」と検索。

※ アプリ接続に関して、本体の不具合ではなくお客様の環境に起因するアプリ接続が出来ない場合は返品及び保証の対象外となりますのでご了承くださいませ。

お試しできるアイテム