ブランド公式お試しストア

HOPPL

ホップル

日常が、もっと楽しく、もっと明るくなる子育てを。

ブランドのポイント

  • 子どもたちが楽しく遊べるものを作り続ける。
  • 思い出を形に残し、いつの時代も長く愛される製品づくり。
  • 子育ての中にもデザイン性や遊び心を。

大切にしていること

▼素敵な想い出をそのまま『かたち』に
HOPPL(ホップル)は『HOPE=希望』と『PIONEER=開拓』『PLAY=遊ぶ』からなる造語です。子どもたちに思い出や希望を与えることができるモノ、子ども達が自らすすんで遊んだり、考えたりできるモノ、子どもの頃の想い出をそのままにずっと使い続けることができるモノ。

幼い頃の記憶は大人になるほどに懐かしくなります。素敵な想い出をそのまま『かたち』として残せるモノをテーマにHOPPLは子育てと子どもの成長を応援いたします。

ものづくりへのこだわり

▼ホンモノの安心感
子供が使用するにあたって、ご両親にとって最も心配なことは『商品の安全性』です。HOPPL製品はお子様がケガをしないようにすべての角とエッジに丸みを持たせたり、長くお使い頂いても、ささくれが出てこないようにするなど、耐久性にもこだわっています。

▼安全な素材
合板から接着剤に至るまで、厚生労働省が定めるホルムアルデヒド法車両が極めて少ない最高基準のF☆☆☆☆と同レベルの検査結果を得ています。
HOPPLはデザイン、機能性以上に安全性にもこだわった製品づくりを心掛けています。

※㈶BOKEN品質評価機構科学分析センターにて検査しています。

推しの一品

▼コロコロチェア&デスク
向きを変えたり転がしたりと、自由自在。デスクやローテーブル、ベンチとしても使えるマルチユースデザイン。小さなお子様の勉強机から、リビングのセンターテーブルにも使え、消費財となりがちな子ども向け製品の中でも長く使える点が特に好評です。

ブランドについて

  • 名称
    HOPPL
  • 名称(読み)
    ホップル
  • 日本
  • 設立
    2010年
  • 運営会社
    株式会社Noz
  • 本社所在地
    兵庫県川西市西多田1丁目7番22号

新着ストーリー

すべて表示

chill6

ともに成長を見守る

ともに成長を見守る

キャラもの乱立の中で光る逸材 娘が産まれてしばらく経った頃 お昼寝の間に、同じように子育てをしている友人と連絡を取り合っていました。友人のお子さんは娘より4ヶ月先に産まれており、育児の先輩である友人に 「今どんなことができる?」 「これから買った方がいい物はある?」 と、よく質問していました。 その日は友人に 「ベビージムを買った方がいいよ!うちの子も手を伸ばして遊んだりしているよ」 と教えてもらい、早速検索。たくさんヒットするのですが、好みのものが見つけられず。派手な色合いの方が子どもにはいいとよく聞きますが、好きでもないキャラクターの、好きでもないデザインのものを買うのに、正直抵抗がありました。 そんな時にこのHOPPLベビージムを発見。オシャレな見た目、色合い。好みすぎる。 静かにテンションが上がり、即購入! 到着までワクワクでした。 そこにあるだけで華やかになる 到着した直後に組み立て、娘を下に寝かせてみました。少しキョロキョロ、としただけで、手を伸ばしたり、触ってみたりしない娘。「やはりキャラクターものとか、派手な色合いの ものの方がよかったのかな?」 と、少しだけ不安に。 でも、それまで娘のおもちゃは小物しかなかった為、ベビージムが来たお部屋は少しほんわかとした、子供部屋らしい雰囲気になったのをとてもよく覚えています。ちなみに組み立てはとても簡単で、女性一人で組み立てられます。もちろん工具も必要なしです。そこも魅力のひとつでした。 子どもの成長が分かる 前述のとおり、【子どもには派手な色合いの方がいい】という気持ちもありましたので、カラフルなボールのメリーを購入し、ベビージムに吊り下げています。 くるくると回るボールを、最初は不思議そうに眺めていた娘ですが、今ではボールを掴んで口に持っていこうと引っ張るようになりました。それと同時にベビージムのハンギングトイも掴んだり、揺らして鈴を鳴らしたりするようになってきました。 最初は少しキョロキョロとしただけだったのに、いつの間にか手が届くようになり、掴めるようになり、、、。これからまた少し大きくなったら、次はお座りして遊ぶようになるのかな?と、娘の成長とベビージムの可能性の多さに期待している日々です。  

HOPPL
ベビージムセット