ブランド公式お試しストア

G.H.BASS

ジーエイチバス

アメリカの過去と未来を繋げる、文化的マスターピース。

ブランドのポイント

  • アメリカを体現する革靴であり、歴史と共に歩んできたブランド。
  • 現代のローファーファッションを築いた元祖であり、時代の先を見据えるコレクションを作っている。
  • 現代においても文化的・ファッション的なアイコンとして存在し続けている。

大切にしていること

▼アメリカン・カルチャー
G.H.BASSは1876年にアメリカのメイン州ウィルトンで、ジョージ・ヘンリー・バスによって設立。それまで靴屋で働いていたジョージは、労働者が履く靴やアウトドアシューズの出来に疑問を持ち、自ら靴を作ることを決意したことが始まりだった。そのミッションは「目的に合った最高の靴」をつくること。 G.H.BASSは耐久性の優れた革を使い、快適な靴やブーツをつくることに成功。

アメリカの精神を具現化したG.H.BASSは、世代を超えてあらゆる人々に愛され、やがてアメリカの歴史のひとつになった。それは新たな領域にチャレンジすることに価し、新しいアメリカの文化になることを示していた。 これは過ぎ去ったノスタルジーではない。これまでの歴史が積み重ねてきた信頼によって、これからもよりよいものづくりを行い、開発と革新を続けるという意志の表明でもある。 いつの時代でも求められるのは真の本物である。

▼積み重なった100年を越える歴史
1887年:メイン州のウィンストンからファーミントンに向上を移し、水力機械の導入により生産効率を上げた。

1910年:キャンプやアウトドアを楽しむ人のためにスタンダードモカシンの「Rangeley」を開発。

1918年:航空モカシンスタイル773としてUSアーミーのオフィシャル航空ブーツを手がけた。高地使用のためにデザインされ、極寒にも耐えられる仕様になっている。

1936年:この年にはじめての「Weejuns」が作られた。野原で使用されるノルウェーのスリッパータイプのもモカシンが名前の由来となっている。

1940年:「Buc」というオリジナルスウェードスタイルはレース付きでWeejunsのアップデートバージョンとして作られました。第二次世界大戦中、USアーミーに防寒用ブーツを支給。

1962年:Weejunsはビジネスシューズとしても認められ急成長を果たす。そしてカルチャーの一部としての立場も確立。

1984年:マイケル・ジャクソンが「スリラー」のミュージックビデオでWeejunsの黒を着用。それを期にセカンドウェーブとして大ヒットをもたらした。

▼アイビーとの蜜月な関係
アイビー・リーグとは:
1954年にアメリカ東海岸の私立大学8校(ブラウン大学、コロンビア大学、コーネル大学、ダートマス大学、ハーバード大学、ペンシルベニア大学、プリンストン大学、イェール大学)によって結成されたフットボール連盟のこと。多くのエスタブリッシュメント層を輩出する名門校で構成されていることから、上流階級の象徴として使われることも多い。アイビーの名称の由来は諸説あるが、各校のレンガ造りの校舎に茂るアイビー(蔦)がシンボルになっていたからという説が有力。

アイビー・ルックとは:
アイビー・リーグに所属する各校の学生たちが好んでいた服装を、1955年に国際衣服デザイナー協会(IACDE)がアイビー・ルックと命名したことから誕生した。アメリカン・トラディショナルのうちのひとつで、実際には洗練された着こなしから学生らしいバンカラ風に着崩した服装まで、スタイルの幅は広い。3つボタン段返りのブレザーやボタンダウンシャツ、細身のコットンパンツ、ローファーなどが象徴的なアイテムとして知られている。

日本でのアイビー・ルック:
アイビー・ルックは、1950年代に雑誌などのメディアによって日本にも紹介。1960年代になると、銀座のみゆき通りに集まる若者たちがアイビー・ルックを着崩した服装を好み、「みゆき族」として社会現象となった。1965年、日本のアイビー・ルックブームの中心的な役割を果たしたヴァンヂャケットが、アイビー・リーグ6校で学生たちの着こなしを撮影。『TAKE IVY』と題した映画と写真集が完成し、このうち写真集は2010年に英語版がアメリカで出版され、今ではアメリカン・トラディショナルの歴史書として評価されている。

アイビー・ルックとG.H.BASS:
1950年代、アイビー・リーグに所属する各校の学生たちのマストアイテムとなったのが、G.H.BASSのウィージャンズ。ローファーの元祖であり、当時の学生たちが1セント硬貨(ペニー)をアッパー(甲部分)のベルト飾りの穴に入れたことで、ペニーローファー(コインローファー)という名称が生まれたとされている。日本では1960年代にヴァンヂャケットが輸入販売したことで、爆発的な人気を獲得。“アイビー・ルックの靴=G.H.BASS”となった。

ものづくりへのこだわり

▼100年貫かれる製法
G.H.BASSのローファーは、甲革とソールをミシンで直接縫いつけるマッケイ製法により生産され、この製法は履き込んでいくうちに足を包み込むような足なじみの良さが特徴である。履き口が大きく、着脱のし易さはスニーカー以上であり、軽やかな履き心地を体感できる。シンプルな製法が故に、アウトソールの返りに優れ、新品でもすぐに自身の足に馴染ませることができる。そしてこの作り方を、G.H.BASSは100年近くの間ほとんど製法を変えずに生産し続けている。

▼元祖を築いたモデル
ローファーの元祖とも称されるモデルWEEJUN。ジェームスディーンやマイケルジャクソンなど世界を代表するスターも愛用したクラシックなモデル。靴ひもがなく着脱が楽にできることからいつしか「ローファー」(=“怠け者”の意)と呼ばれるようになったこのシューズを、1950年代にアイビーファッションに身を包んだアメリカの名門大学生たちがこぞって履いたことによって、今ではトラッドスタイルの足元を飾る代名詞的存在となりました。当時の学生たちが1セント硬貨(ペニー)を甲部分のベルト飾りの穴に入れたことで、ペニーローファー(コインローファー)という名称が生まれたとされている。

推しの一品

▼11010 LARSON / BLACK & WHITE (LEATHER SOLE)
過去の偉大な面々が履いていただけではない。現代の有名アーティストもG.H.BASSを愛用している。伝説的なスケーターであり、Supremeのアンバサダーでもある ジェイソン・ディルもその一人である。ショーン・パブロなどの有名スケーターも愛用しており、上品なスタイルに合わせられるだけでなく、スケートカルチャーとも密接に結びつき、その存在を際立たせている。

▼現代のマスターピース
このモデルは、現行モデル11010のクッション性を大幅に向上させた「ヘリテージモデル」という新仕様。立体的なクッションを採用することでさらに快適な履き心地を実現しています。レザーソールも現行のものからやや厚いものに変更。通気性を保ちながら、フィッティングと強度が向上しています。ハイシャインレザーの艶やかな光沢は、まさに代名詞と呼ぶに相応しい佇まい。ブラックとホワイトのコンビはモノトーンのシックな印象で、着こなしの幅を広げてくれます。
ハーフサドル(※)の両端をモカ縫い部分で巻き留めたようなデザインはビーフロールと呼ばれ、そのボリュームでカジュアル感が強くなります。

ブランドについて

  • 名称
    G.H.BASS
  • 名称(読み)
    ジーエイチバス
  • アメリカ
  • 設立
    1876年
  • 運営会社
    株式会社ジー・エム・ティー
  • 本社所在地
    東京都渋谷区西原3-6-2

新着ストーリー

すべて表示

ayato513

初めての挑戦、、、

初めての挑戦、、、

コンビローファーは初めての挑戦   過去に何足も革靴を履いた事もローファーを履いた事もありましたが、白と黒のコンビのローファーは初めての挑戦でした。 黒のローファーを求めて青山に行ったのですが、その日は試着のみで帰りました。   後日SNSなどでこのブランドを調べていくうちにコンビローファーの存在を知りました。   一目見た瞬間に欲しくなり、いざお店に買いに行きました!!   しかしこちらの商品は人気商品だったようでお店には希望のサイズがなく、お店の方からオンラインショップを紹介してもらい、ネットで購入をしました。   思っていたよりも色々な洋服との相性がよく、今ではクローゼットの中で一番よく履く革靴です。   【着用サイズ】US/7    (普段サイズ 25.0cm)

G.H.BASS
11010 LARSON / BLACK & WHITE (LEATHER SOLE)

けーた(ΦωΦ)

初めてのローファーは元祖ローファーのG.H.BASSがどうしても欲しかった

初めてのローファーは元祖ローファーのG.H.BASSがどうしても欲しかった

私がG.H.BASS(Logan)を購入しようとしたきっかけ 今まではなんとなく、革靴=ビジネスのイメージで避けていました。しかし自分の年齢が40代になり、アイテムの幅を広げる為にも革靴をカジュアルに履いてみたくなりローファーを探していました。 そこで出会ったのがG.H.BASS(Logan)です。有名なあのマイケルジャクソンがスリラーのPVでも着用していたと知り、元々音楽も好きな自分は一気に興味を持ちました。 着用しての感想 思っていたよりも非常に軽く、足へのフィット感も抜群に良かったです。革靴は足に馴染むまで多少我慢して履かなければならないと思っていましたが全くそんな事もなく、今までの革靴のイメージを覆される着用感でした。 スラックス、デニム、カーゴパンツにもオシャレに決まるG.H.BASS(Logan)、普段スニーカー一択だった自分のコーディネートの幅を大きく広げてくれるアイテムになりました。これからも沢山履いて、40代の自分と一緒に味のあるローファーに育てていきたいと思います。 【着用サイズ】 26.5cm (普段サイズ 28.0cm / スニーカー)

G.H.BASS

Yuta Y.

ローファーの元祖

ローファーの元祖

マッケイ製法 x お手頃な価格 私がG.H.BassのWeejunsを知ったのはFUDGEというファッション雑誌でした。モデルさんがかっこよく白いソックスと合わせて履きこなしている姿に一目惚れし、翌日には会社帰りに店舗に立ち寄ってしまいました。伝統的なマッケイ製法で丁寧に手作りされ、履いているうちに自分の足に馴染むであろう革底を採用しながら、お手頃な価格であることもあって、迷わず購入しました。 タイムレスなデザイン G.H.Bassの代表的なモデルであるこの靴は、ローファーの元祖と言われており、アイビーリーグに通う聡明な学生達をはじめ、マイケルジャクソンにも愛された逸品です。 細身なフォルムにシンプルなタッセルの装飾が飽きのこないデザインとなっており、足の甲が露出するので靴下でワンポイントの差し色や遊びを効かせられるのが気に入っている点です。 Value for MONEY 履いていくうちに自分の足に馴染み、革靴と思えない程歩きやすく、長距離移動も難なくこなせます。この価格帯でこれだけのクオリティーの靴はなかなか手に入らないので、大変重宝してます。 男女問わず足元が締まり、とっても素敵になるので、おすすめです! 【着用サイズ】 US8 (普段サイズ 26cm)

G.H.BASS

_kabastagram_

ずっと大切にしたいと思った靴

ずっと大切にしたいと思った靴

探し求めたビットローファー アパレル店員を始めたばっかりの頃、もともとストリートファッションが好きだった私は、アディダスや、コンバースなどのスニーカーしか持っていませんでした。 ある日、おしゃれのレパートリーを増やす為に一個ローファーをもっておいたらいいよと!先輩社員の方に声をかけて頂いた事をきっかけに私のローファー探しは始まりました! ローファー探しの旅 ローファーのことを何も知らない私は、何を買ったらいいのか、どこのブランドもいいか分からず闇雲に毎日ローファーを探していました。 その時前に声をかけて下さった先輩が、かばちゃんはビットローファーみたいな遊びのあるのが似合いそう!とアドバイスを下さいました! やっと出会えた最高の一足! 綺麗なスタイリングで履くイメージの強いローファーですが、私はデニムや古着が好きなので、普通のビットローファーを履いても普通過ぎて面白くないと思い、厚底のローファーを探すことにしました。 ある日、買い物をしていたら出会ってしまったのです。ビットローファー、厚底、エナメル質の素材! この遊び心が沢山詰まったローファーに私は一目惚れをし、たまたまBEAMSとG.H.bassの別注とということもあり運命の1足になり購入しました! それからは私の相棒ローファーです。

G.H.BASS