好きとつながる

genten

ゲンテン

革に対する究極のこだわりを形にした、世界に誇れる日本のものづくりブランド

ブランドのポイント

  • 通常の2倍近く時間がかかる「植物なめし」の工程を踏むことで、経年と共に色艶を美しく変えていく革を実現
  • 約90%天然素材を仕様することによる、大地に還るものづくり
  • 革好きであれば1度は使ってみたい、スタイリッシュかつ味わい深いラインナップ

大切にしていること

genten(ゲンテン)は、ファッションと環境の共生を唱えるメーカー「KUIPO」が提案する、革製品を追求するブランドです。gentenというブランド名には、人間も自然の一部であるという「原点」に立ち返ろうという思いが込められており、自然の一部として私たちにできることを、下記のように定めています。

▼いのちを余さず活用するために、革という素材を使う。
食べるためにいただく命を、余さず活用したい。そのため、gentenでは革を中心に、天然素材をメインに使った製品を作っています。牛や羊、山羊といった食肉の副産物として生産された革や、時には害獣駆除された動物の革なども積極的に使用しています。

▼呼吸しながら経年変化する、「植物なめし」の革を中心に。
動物の「皮」を「革」へと加工する工程を「なめし」と呼びます。その多くが化学薬品を使うことが一般的ですが、gentenでは植物タンニンでなめした革を主に採用しています。「植物なめし」の革は、化学薬品を使ったものと比べるると、気候や湿度に合わせて、まるで呼吸をするように水分を吸ったり逃したりして自らを最適な状態に保ち、経年と共に色艶を美しく変えていくのが特徴です。

▼ものを大切にする、愛着のある暮らしを提案。
大量生産・大量消費・大量廃棄の時代が限界をむかえていることは周知の事実です。gentenは、多くの工程を職人の手仕事が担い、長く使い込むことで深い味わいが出る「植物なめし」の革をメインに使うブランド。使い捨てではなく、丁寧に作られたものを大切に使い、こわれたら修理をしてまた使う、愛着があるものと長く暮らすことを提案しています。

▼使う素材の約90%が、天然素材。大地に還るものづくりを目指す。
革・綿・絹・麻などの天然素材は、廃棄する際、燃やしても有害な物質を発生することがなく、埋めても土に還ります。gentenでは、ものづくりの約90%に天然素材を使い、金具などにも、鉄や真鍮など再資源化できる素材を積極的に使っています。ナイロンやプラスチックに代表される石油由来の素材は極力使いません。

▼自然のありのままの個性を受け入れ、活かす。
動物や植物には、個体によってそれぞれ個性があります。革には動物が生きていた証である傷やシミがつきものですし、天然素材の布には色ムラやフシなどが必ず生じます。
自然と共に生き、その恵みをいただく者として、それらの違いを大量生産の不良品のようにはじくのではなく、個性や味わいとしてムダなく活かすことを提案します。

続きを読む

ものづくりへのこだわり

「鞣す」「鋳る」「縫う」。それぞれの工程ごとに、gentenならではのこだわりが詰まっています。

▼鞣す。革へのこだわり。
革に対する究極のこだわりから、
丁寧に作り上げる工程として最低1ヵ月以上の月日を要する。

gentenで使用している革はすべて植物性タンニン鞣しと言われる製法。ミモザの樹皮やケブラチョ・チェストナットなどから抽出した液につけこむことで、動物の「皮」を丈夫で腐りにくい「革」にかえます。

タンニンなめしの歴史は非常に古く、古代エジプトの時代にすでに行われていた手法です。その工程は15以上にも分かれ、原皮と呼ばれる素材の状態から1枚の革に仕上がるまで30~50日を要します。
現在主流になっている、塩基性硫酸クロームを用いたクロームなめしより、20日以上もの日数がかかる、大変手の込んだ方法ですが、重金属を含まないため、自然にやさしいのです。
タンニン鞣しの革は渋い色の茶褐色をしており、その特徴は、収縮性が少ないため耐久性に優れることと、なによりもその自然な風合いが使い込むほどに増してくることです。

▼鋳る。金具へのこだわり。
2000年以上前から人々に愛される、昔ながらの金属。

gentenがこだわっているのは、皮革だけではありません。金具では、最終的には錆びて土に還ることの出来る鉄を革巻きにしたり、銅と亜鉛の合金素材である真鍮(しんちゅう)を使用したりしています。
真鍮は黄銅とも呼ばれ、適度な強度と展延性(力を加えると永久的に変形する性質)が魅力の金属で、古来より鉄砲の薬きょうや仏具、金管楽器などに使われており、一説には2000年以上の歴史がある素材と言われています。
真鍮製の金具製造は、枠に詰め込んだ砂から型を取り、溶かした真鍮をそのひとつひとつに流し込むなど手間隙もかかります。しかし、それでもgentenでは特有の「味」や「温かさ」から真鍮にこだわり続けています。
経年変化する革同様、少しずつニュアンスを変える真鍮は、gentenにとって欠かせない要素の一部分になっているのです。

▼縫う。職人たちの技。
植物性タンニンでなめしたレザーを自慢の職人が丁寧に仕上げる。

植物なめしのレザーは、東京にある工房などで職人たちがバッグに仕上げ、店頭に出荷。商品の多くはタイの自社工場で作られており、日本の職人による商品は、海外生産のお手本にもなっています。
職人たちは、納期に合わせて時に複数のバッグを同時進行で生産するほか、新作バッグのサンプル作りも任っています。ミシンでレザーを一気に縫い上げることもあれば、昔ながらの手縫いで仕上げることも、さまざまな工具を用いて緻密なカットワークを生み出す場合もあります。いずれも、繊細な気配りと根気が必要な作業ばかり。
特に麻糸を二本針で縫い上げるハンドステッチ(写真上部)は、gentenが最も大切にしている技法です。一針一針の手仕事の積み重ねが堅牢なステッチラインとなって、長くお使いいただける物づくりと味わいにつながっているのです。

続きを読む

推しの一品

▼amanoアマーノ トートバッグ

アマーノはgentenの旗艦シリーズで、イタリア語で“手仕事”を意味する言葉です。
その名の通り、素材づくりから縫製まで、手で仕上げられているこだわりのシリーズ。gentenを代表する定番ラインとして、ブランド創設時より変わらぬ人気を誇ります。

鞄は手で持つものですから、他の小物にくらべて肌に触れている時間が長い。だからこそ質感、素材感が大切だと思っています。
アマーノで使用しているのはフィレンツェにある名門タンナー、バラダッシ・カルロ社の “ミネルバリスシオ”というバケッタレザーです。植物性のタンニンだけを使用し、手なめし、手染めという伝統的な製法で丁寧に作り上げられた一枚革です。化学薬品を使った方がコストも時間もかからないのですが、アマーノは、使い心地にこだわりました。じっくりと時間をかけて作られたバケッタレザーは、手触りはもちろん、香りも経年変化さえも自然なもの。だからこそ、このシリーズは長く、ご愛用いただけているのだと思います。

デザインも素材感をいかすという原点に立ち返り、シンプルを追求。例えばトートバッグの装飾はハンドステッチとロゴだけという潔さ。ゆえに革のエイジング自体を楽しむことができる。これもまた性別年齢を問わない人気の秘密です。

使い続けるうちに表面にはツヤと奥行きのある風合いが現われ、手触りはやわらかく馴染むような質感に変化していきます。いつも触る部分、持って出かける場所の日のあたり具合など、自分のライフスタイルがそのまま革の表情となって出てきます。つまり自分らしさがバッグにも現われてくる。こうして、ただのバッグではなく、一緒に時間を過ごした愛着のあるもの、まさに自分だけのバッグになる。gentenは、このようにモノがコトに変化するというのを大切にしています。ぜひ、時々でもお手入れをしながら長くお使い下さい。

ちなみに、アマーノはお手入れ方法もとてもシンプルです。“ミネルバリスシオ”は天然のオイルをたっぷりと含んでいるので、使い始めは乾いた布で拭くだけ。その後少し経ってオイルが乾燥してきたらクリームで保湿していただければ透明感のあるツヤも出て、長持ちします。

長く愛着の持てるモノづくり、更にはそのモノづくりを通して、自然を大切に、共に暮らすことを楽しむ。そんなライフスタイルを目指しているgentenならではのシリーズです。

続きを読む

ブランドについて

おすすめストーリー

_ara_10228

エイジングを楽しめるgentenのお財布

エイジングを楽しめるgentenのお財布

gentenとの出会い お財布を人生で初めて紛失し、待てど暮らせど手元に戻ってくることはなく、諦めて新しいお財布を探しに色々お店を回っていた時に目に留まったのがgentenとの出会いです。 購入を決めた理由 gentenの特徴でもあるカットワークがとても美しく、ひとつひとつが職人の手作りで経年変化を楽しめるというお話を店員さんから聞き、魅力的だなと感じました。次に使うお財布は、本当に気に入ったものにしよう!という想いが強くなっていたため、デザインも気に入ったgentenのお財布に決めました。 使い始めの日は、カメラが趣味ということもあり、ライトをセッティングして記念撮影もしました(笑) 変化を楽しめるブランド! gentenのお財布は経年変化を楽しむことができます。通常「物」というものは、買った時が一番美しく、そこから使うことで劣化していきます。しかしgentenのお財布は、使うことで更に美しく変化していく。時間をかけて育てていける・長く楽しめるお財布というところに魅力を感じています。 使い始めて半年、手になじみアメ色に変化していくお財布を眺めるのが日々の楽しみです。クリームを塗ってメンテナンスを定期的にしながら、長く使っていきたいです。

genten

Asami .Stella

天国の祖父からのプレゼント

天国の祖父からのプレゼント

バッグとの出会い 元々革製品が好きで、近くの百貨店で出会ったのがgentenでした。前を通るたび可愛いなぁ、いつか買いたい!と思い、社会人になってもらったお給料ではじめてバッグを購入しました。 gentenさんの「手の伝え」キャンペーンでグランプリを受賞し、こちらのバッグをオーダーさせていただきました。亡くなった祖父から受け継いだ指輪のエピソードを投稿し、グランプリをいただいたので、このバッグは祖父からのプレゼントだと思っています。 なかなか普段からセミオーダーのバックを購入する機会はないですが、自分の考えた色、決めた型で作っていただいた鞄は愛着が湧きます。祖父の生前の思い出と共に大切に使わせていただいております。 世界に一つ、自分だけのバッグ 実際に使ってみて、作りの丁寧さ、革の凛とした表情、使い続けて行くうちに馴染むところなど大好きがたくさん詰まった宝物だと感じました。 届いた時、持ち手はピンと立っていて硬さがあって、明るいオレンジが印象的でしたが、使っていくと持ち手はくたっとしてオレンジは深みを帯び、gentenのロゴはすこし薄れてきました。届いた時もお気に入りでしたが、大切な場面を共に過ごして、使い込むうちにさらに自分だけのものというオリジナリティが出て大好きになりました。 長く使うために 定期的に乾拭き、ブラッシング、オイルの塗布をしています。また、使用することが一番のメンテナンスだと思います!体に当たる部分は艶が出やすいと感じます。使用後は物を詰めたままにしないで元の場所に戻して布袋の中で保管しています。革製品はお手入れの面などからなかなか手に取ることができない方も多いのかなと思いますが、まずは好きという気持ちで使ってみて欲しいです。 【サイズ】横(底)29〜(上部)35cm、縦35cm、まち幅7cm

genten

ykky

いつでも一緒

いつでも一緒

二十歳の私が自分のご褒美に買ったバッグ、gentenのラフィナート リュックサック。gentenのブックカバーを愛用してからこのブランドにハマり、次はこのリュックを迎えたいと焦がれていた。分割2回払い(分割手数料無料)でお迎えすることができた。支払いのためにバイトしまくった。  若く新しい革は張りも艶もあって美しい。でもやっぱり最初は少し硬い。一緒に過ごすうちに、革の硬さがほどけていくのがエイジングの醍醐味だと思う。 革と過ごす夏 革のリュックの購入を検討されている方にお伝えしたいことがひとつある。 夏場の使用についてだ。 外に出ているとどうしたって汗が噴きでてくる。背中や脇のリュックに触れる部分はどうしても革と体が接しているので、汗が革に染みてしまう。 やっとこさ目的地についた、とリュックをおろすと、背面とショルダーベルトに汗が染み染みしていてショックを受けるはずだ。 でも大丈夫。時が経てば思い出のエイジングとなるので安心されたし。 革の色味にもよるが、染みが馴染む(目立たなくなる)までに、ほぼ毎日使って約2年ほどかかった。目立つ頃はショルダーベルトを握って染みを隠していた。   いろいろな傷や染みに晒され、馴染み、良い革に育ったのは5年経った頃だろうか。 私は社会人になり、大学時代を一緒に過ごしたこのリュックとともに”戦場”へ出勤していた。 仕事も遊びも旅行も、このリュックじゃないとソワソワしてしまうくらいの相棒となっていた。 過ごす時間がすこし変わっただけさ 8年目を迎えた今、リュックが語り掛けてきた「そろそろ、違う鞄とお出かけしなさいよ」と。 お迎えしたころは一人でしゃんと立っていられたのに、今ではくたっと丸まっている。 その声を受け入れ、お家で余生を過ごしていただくことにした。 でもやっぱり恋しくなってたまに一緒にお出かけしている。そして、今は新しい相棒と仲良くなっている最中だ。

genten

otama

お気に入りと一緒に過ごす

お気に入りと一緒に過ごす

gentenとの出会い gentenとの出会いは、20歳の誕生日。両親から誕生日プレゼントとしてgentenのカットワーク二つ折りのお財布をもらいました。もともとハイブランドのキラキラなお財布よりは革製品が好きだったので、フォルムやデザインに一目惚れ。使い込むほど味が出る質感が気に入って、愛用するようになりました。 優しいフォルムと質感に、持っているだけでときめく このお財布のお気に入りポイントは、コンパクトなサイズ感と可愛いフォルム、革の質感です。しかし可愛いだけではありません。コンパクトなのに収納力があり、ファスナーの滑りも良く使いやすさも兼ね備えています。今はキャッシュレスの時代ですが、このお財布は毎日持ち歩いています。どうせ毎日持ち歩くなら、持っているだけでときめくものがいいですよね。 お手入れ次第で一生モノに 20歳でgentenと出会って以降、今ではお財布だけでなく、パスケースやバッグも愛用しています。つい最近、コインケースも仲間入りしました! お手入れすればずっと長く使える、まさにサステナブルなお財布。これからも使い込んで行く過程で、革の変化を楽しみながら、愛用し続けたいと思います。  

genten

新着ストーリー

otama

お気に入りと一緒に過ごす

お気に入りと一緒に過ごす

gentenとの出会い gentenとの出会いは、20歳の誕生日。両親から誕生日プレゼントとしてgentenのカットワーク二つ折りのお財布をもらいました。もともとハイブランドのキラキラなお財布よりは革製品が好きだったので、フォルムやデザインに一目惚れ。使い込むほど味が出る質感が気に入って、愛用するようになりました。 優しいフォルムと質感に、持っているだけでときめく このお財布のお気に入りポイントは、コンパクトなサイズ感と可愛いフォルム、革の質感です。しかし可愛いだけではありません。コンパクトなのに収納力があり、ファスナーの滑りも良く使いやすさも兼ね備えています。今はキャッシュレスの時代ですが、このお財布は毎日持ち歩いています。どうせ毎日持ち歩くなら、持っているだけでときめくものがいいですよね。 お手入れ次第で一生モノに 20歳でgentenと出会って以降、今ではお財布だけでなく、パスケースやバッグも愛用しています。つい最近、コインケースも仲間入りしました! お手入れすればずっと長く使える、まさにサステナブルなお財布。これからも使い込んで行く過程で、革の変化を楽しみながら、愛用し続けたいと思います。  

genten

_ara_10228

エイジングを楽しめるgentenのお財布

エイジングを楽しめるgentenのお財布

gentenとの出会い お財布を人生で初めて紛失し、待てど暮らせど手元に戻ってくることはなく、諦めて新しいお財布を探しに色々お店を回っていた時に目に留まったのがgentenとの出会いです。 購入を決めた理由 gentenの特徴でもあるカットワークがとても美しく、ひとつひとつが職人の手作りで経年変化を楽しめるというお話を店員さんから聞き、魅力的だなと感じました。次に使うお財布は、本当に気に入ったものにしよう!という想いが強くなっていたため、デザインも気に入ったgentenのお財布に決めました。 使い始めの日は、カメラが趣味ということもあり、ライトをセッティングして記念撮影もしました(笑) 変化を楽しめるブランド! gentenのお財布は経年変化を楽しむことができます。通常「物」というものは、買った時が一番美しく、そこから使うことで劣化していきます。しかしgentenのお財布は、使うことで更に美しく変化していく。時間をかけて育てていける・長く楽しめるお財布というところに魅力を感じています。 使い始めて半年、手になじみアメ色に変化していくお財布を眺めるのが日々の楽しみです。クリームを塗ってメンテナンスを定期的にしながら、長く使っていきたいです。

genten

Asami .Stella

天国の祖父からのプレゼント

天国の祖父からのプレゼント

バッグとの出会い 元々革製品が好きで、近くの百貨店で出会ったのがgentenでした。前を通るたび可愛いなぁ、いつか買いたい!と思い、社会人になってもらったお給料ではじめてバッグを購入しました。 gentenさんの「手の伝え」キャンペーンでグランプリを受賞し、こちらのバッグをオーダーさせていただきました。亡くなった祖父から受け継いだ指輪のエピソードを投稿し、グランプリをいただいたので、このバッグは祖父からのプレゼントだと思っています。 なかなか普段からセミオーダーのバックを購入する機会はないですが、自分の考えた色、決めた型で作っていただいた鞄は愛着が湧きます。祖父の生前の思い出と共に大切に使わせていただいております。 世界に一つ、自分だけのバッグ 実際に使ってみて、作りの丁寧さ、革の凛とした表情、使い続けて行くうちに馴染むところなど大好きがたくさん詰まった宝物だと感じました。 届いた時、持ち手はピンと立っていて硬さがあって、明るいオレンジが印象的でしたが、使っていくと持ち手はくたっとしてオレンジは深みを帯び、gentenのロゴはすこし薄れてきました。届いた時もお気に入りでしたが、大切な場面を共に過ごして、使い込むうちにさらに自分だけのものというオリジナリティが出て大好きになりました。 長く使うために 定期的に乾拭き、ブラッシング、オイルの塗布をしています。また、使用することが一番のメンテナンスだと思います!体に当たる部分は艶が出やすいと感じます。使用後は物を詰めたままにしないで元の場所に戻して布袋の中で保管しています。革製品はお手入れの面などからなかなか手に取ることができない方も多いのかなと思いますが、まずは好きという気持ちで使ってみて欲しいです。 【サイズ】横(底)29〜(上部)35cm、縦35cm、まち幅7cm

genten

ykky

いつでも一緒

いつでも一緒

二十歳の私が自分のご褒美に買ったバッグ、gentenのラフィナート リュックサック。gentenのブックカバーを愛用してからこのブランドにハマり、次はこのリュックを迎えたいと焦がれていた。分割2回払い(分割手数料無料)でお迎えすることができた。支払いのためにバイトしまくった。  若く新しい革は張りも艶もあって美しい。でもやっぱり最初は少し硬い。一緒に過ごすうちに、革の硬さがほどけていくのがエイジングの醍醐味だと思う。 革と過ごす夏 革のリュックの購入を検討されている方にお伝えしたいことがひとつある。 夏場の使用についてだ。 外に出ているとどうしたって汗が噴きでてくる。背中や脇のリュックに触れる部分はどうしても革と体が接しているので、汗が革に染みてしまう。 やっとこさ目的地についた、とリュックをおろすと、背面とショルダーベルトに汗が染み染みしていてショックを受けるはずだ。 でも大丈夫。時が経てば思い出のエイジングとなるので安心されたし。 革の色味にもよるが、染みが馴染む(目立たなくなる)までに、ほぼ毎日使って約2年ほどかかった。目立つ頃はショルダーベルトを握って染みを隠していた。   いろいろな傷や染みに晒され、馴染み、良い革に育ったのは5年経った頃だろうか。 私は社会人になり、大学時代を一緒に過ごしたこのリュックとともに”戦場”へ出勤していた。 仕事も遊びも旅行も、このリュックじゃないとソワソワしてしまうくらいの相棒となっていた。 過ごす時間がすこし変わっただけさ 8年目を迎えた今、リュックが語り掛けてきた「そろそろ、違う鞄とお出かけしなさいよ」と。 お迎えしたころは一人でしゃんと立っていられたのに、今ではくたっと丸まっている。 その声を受け入れ、お家で余生を過ごしていただくことにした。 でもやっぱり恋しくなってたまに一緒にお出かけしている。そして、今は新しい相棒と仲良くなっている最中だ。

genten