ブランド公式お試しストア

心地よい甘味と程よい酸味が、さっぱりとした爽快な印象を与えるワイン

2019年は一言で表すと葡萄栽培の厳しい年。萌芽の時期までは平均的な気象状況でしたが、開花から生育時期である6月、7月は天候不順に見舞われ降水量は通年の2倍、日照量は通年の2分の1で、葡萄の生育は遅れ気味。8月に入ると降水量は例年より少なかったので病果の発生は少なかったですが、気温は平年より高く、葡萄は7月の日照不足の影響で充実した生育が出来ておらず、熟するスピードも遅く、最良の状態での収穫は困難な年でした。ただ2019年より、ワイナリー周辺の新規就農者が積極的に醸造用デラウェアの栽培に取り組んでくれたことで収穫量は大幅に増加する事ができました。