好きとつながる

JALANSRIWIJAYA

ジャランスリウァヤ

妥協のない最高の靴をインドネシアから世界へ

ブランドのポイント

  • 新しい時代の靴づくりをインドネシアから世界へ提供
  • 時間と労力がかかり、徐々に減少の一途を辿っている貴重な製法であるハンドソーンウェルテッド製法へのこだわり
  • どんな男性のワードローブにも必要とされるスタイルの革靴を、磨き抜かれた最高の技術と素材で表現

大切にしていること

▼Jalan Sriwijaya(ジャラン スリウァヤ)の始まり
Jalan Sriwijaya(ジャラン スリウァヤ)は、1919年オランダの植民地下のインドネシアでテデ・チャンドラが創業した、外国人向けの軍用靴(ミリタリーブーツ)を手掛ける靴工場にルーツを持つ。第二次世界大戦と独立戦争を経て、人々の暮らしに穏やかになった1970年代、デデ・チャンドラは商品展開を子供用の靴、レザーサンダル、デッキシューズ、モカシン・ドライビングシューズ等、幅広いアイテムへと変換し、客層をグローバルに拡大していった。

▼平和な時代の靴づくり
その後、経営者の息子ルディ・スパーマンが、「これからは平和の時代だ」という想いから、靴の聖地であるイギリスのノーザンプトンで修行を、フランスで皮革の生産を学び、「ハンドソーンウェルテッド製法」での靴作りを習得し、職人の手作りによる本格革靴も同社の商品ラインナップに加わった。またインドネシアは、ヨーロッパ製の上質なレザーを輸入しやすい好条件な立地であったため、同社は持前の靴づくり技術と、ヨーロッパ製の上質なレザーを組み合わせ、製品化することが出来た。

▼靴工場からレザーシューズブランドへ
1990年代に入ると、Jalan Sriwijayaの革靴は、それまでの革靴業界にあった「革靴はヨーロッパの物が良い」という既成概念を打ち砕き、次第に業界内で高く評価されるようになった。その当時で80年超の歴史を持つ靴工場となっていたJalan Sriwijayaは、日本の展示会に出展していたところ、輸入代理店となる株式会社ジー・エム・ティー代表の横瀬氏にその確かな技術力と優れた商品品質を見込まれ、共同で製品開発を開始する。横瀬氏は足繫くインドネシアの工場へ通い、靴づくりの指南やブランド化の提案を行った。
そしてついに2003年、レザーシューズブランド「Jalan Sriwijaya(ジャラン スリウァヤ)」が誕生した。

続きを読む

ものづくりへのこだわり

▼熟練職人による手作りの革靴
Jalan Sriwijayaの革靴の一番の特徴は、熟練職人による手作りの革靴製法「ハンドソーンウェルテッド製法」です。現代では多くのシューズメーカーでは縫製工程はミシンによる機械化が進んでいるが、Jalan Sriwijayaの革靴は現在でも1点1点、職人が手で縫い合わせています。
「ハンドソーンウェルテッド製法」は職人に高い技術を必要とし、また完成するまでに非常に手間がかかるが、その分、機械には出せない履き心地、足へのフィット感、美しいシルエットが生まれます。

▼ハンドソーンウェルテッド製法へのこだわり
ハンドソーンウェルテッドはスポークシューズによく用いられておりグッドイヤーウェルト製法の原型ともなる製法である。19世紀後半にグッドイヤーウェルト製法が開発されて以来、時間と労力がかかり大量生産には向いていないこの製法は、徐々に減少の一途をたどり、高度な技術を持つ職人も居なくなるにつれ、とても貴重な製法になってきました。

この製法は、最後のアウトソールの縫いのみを機械で行い、あとの工程はすべてハンドメイドで作られています。最大の特徴は手縫いでなくては不可能な、曲がった針を使って行う 「すくい縫い」。熟練の職人によりアッパー、中底、ウェルトを松脂を擦り込んだ麻糸で縫いつけていきます。グッドイヤーウェルト製法に使われる、リブと呼ばれるパーツを使用しない為、返りがよくとても軽い履き心地を味わうことができます。

そして、構造上インソールの下側にウェルトを縫い付ける為のリブを掘るため、インソールの厚さは通常の革靴より厚いものを使用し、結果的に履きこむことにより足に沿って沈みが生まれパーソナルレベルでの履き心地の良さが実現されます。

▼妥協のない素材選び
使用する革素材に関しても最高レベルのものを仕入れている。アッパー部分にはフランスのデュプイ社やアノネイ社のものを採用しており、特に1948年創業のデュプイ社はタンナーの最高峰とも呼ばれており、ヨーロッパで取れる高品質の革を独自の製法でなめすことで有名である。その革の仕上がりのキメの細かさや上質さは他社と一線を画します。1984年に創業のアノネイ社も、厚みのある上質なボックスカーフを仕上げる新進気鋭のタンナーとして有名です。

さらに、靴底には高級靴メーカーの定番として知られるベルギー・マシュア社のレザーを使用するほど、細部にまでこだわり抜かれています。

続きを読む

推しの一品

▼98655 / BLACK (LEATHER SOLE)
定番ラストの「EDWARD」を使用した内羽根ストレートチップシューズ“98655”。トゥに一文字のラインが入ったストレートチップは紳士靴で最も基本的なデザイン。BLACKならビジネスはもちろんフォーマルなシーンにもマッチするので、1足は持っていたいアイテム。

「EDWARD」ラストの特徴である自然な丸みのエッグトゥは汎用性が高く、様々なスーツスタイルにマッチします。ルディ・スパーマンがエドワード・グリーンで修行した経験もあり、その影響も見受けられ、無駄な物を削ぎ落としたブリティッシュスタイルとなっています。

アッパーには高い品質を誇るフランス製カーフレザーを使用。熟練の職人がアッパー、中底、ウェルトを手作業で縫い付けるハンドソーンウェルテッド製法を用いた靴をこの価格で提供できるのはJalan Sriwijayaならではです。

続きを読む

ブランドについて

おすすめストーリー

ちゃんべー

革靴と共に働く

革靴と共に働く

サラリーマンの必需品「革靴」 今から約2年前サラリーマンの必需品と言っても過言では無いもの「革靴」を探していた時に、インドネシアで創業した革靴ブランド「Jalan sriwijaya(ジャランスリウァヤ)」と出会いました。  ジャランスリウァヤの革靴は、ハンドソーンウェルテッド製法と呼ばれる製法で靴職人が1つ1つ手作業で革靴を作り上げています。職人の手作業に頼っているので大量生産が難しく価格が高くなる傾向がありますが、ジャランスリウァヤの革靴は本格的な革靴に比べると比較的手が取りやすい価格設定になってたこともあり購入しました。 足に馴染み自分だけの革靴へ 革靴を作る際にクッション性を高める為に中底にコルクを敷き詰めます。このコルクが履きこんでいくについれて沈み込んでいき自分の足の形にだんだんとフィットしていく感覚を味わう事が出来ます。履き始めは革が硬く着脱や足が痛くなる事もありますが、履いていくうちに革も柔らかくなり革靴の中底に敷き詰められたコルクも沈み込み自分だけの革靴へと育っていきます。購入してから2年が経過しましたが、定期的に革靴クリームやブラッシングなどのメンテナンスを行っているのでまだまだ履き続けられそうです。履いている時に付いた傷や履き皺などが入ることで購入当時とはまた違った表情を覗かせてくれるので愛着がどんどん湧いていきます。

JALANSRIWIJAYA
BLACK (DAINITE SOLE)

yoshi

優秀な革靴で周りと差別化

優秀な革靴で周りと差別化

「ジャランスリウァヤ」との出会い 私が「ジャランスリウァヤ」というブランドを知ったのは、いつも通っているセレクトショップに、別注商品として置いてあったのが出会いだった。 お店の方が「じゃらんは?」と商品の説明をしてくれたのだが、当時何も知らなかった私は某旅行誌が靴の生産に関わっているのかと大きな勘違いをした。 そんな勘違いから興味につながり、靴の作り方におけるこだわりに惹かれ、1足目のジャランスリウァヤを購入した。 社会人2年目 社会人1年目は黒い革靴を履いていたが、2年目になると、気持ちに余裕ができたからか次は茶色い革靴を履いて仕事がしたいという気持ちになっていた。 そんな時に出会ったのがこのローファーであり、ジャランスリウァヤの2足目となった。 ビジネスシーンでの革靴の主流は黒なので、周りと差別化できることが洋服好きな私にとって嬉しいことだった。 デニムとの相性も良し この靴はビジネスシーンでももちろんだが、それと同じくらいにオフの日にも自分の好きな服と合わせたくなる。 特にデニムと合わせるのが個人的には好きで、これからも愛用していきたい。

JALANSRIWIJAYA

TAKUMI

私の足元を支えてくれるパートナー

私の足元を支えてくれるパートナー

革靴への挑戦  この革靴との出会いは今から5年前のことでした。 当時、某セレクトショップで学生アルバイトとして働いていました。カジュアルアイテムはもちろんドレスアイテムも展開するセレクトショップでした。そのため、冠婚葬祭やビジネス、ドレスカジュアルなど、TPOを意識したスタイリングから綺麗めなアイテムを普段着として落とし込んだスタイリングを学ぶ機会がありました。その機会を通じて私は「革靴」に興味を持ちました。しかし、当時、足元が決まってスニーカーだった私にとって、革靴をスタイリングに取り入れることはかなりハードルが高く、ALDENやChurch‘sのような有名ブランドには手が出せませんでした。そのため、店舗の先輩スタッフやSNSでスタイリングを吸収しつつ、「コストパフォーマンスが高い革靴」を手あたり次第調べました。結果、ジャランスリワヤというブランドを知り、このアイテムに出会いました。 知見を広げてくれた  現在も私との思い出は増えていますが、1番の思い出は買った当時でした。ジャランスリワヤの革靴を購入したことにより、スタイリングの幅、接客の幅を広げるきっかけとなりました。 この革靴を購入するまでは私のスタイリングの足元は決まってスニーカーでした。そのため、基本的にスニーカーを履く前提でトップスやボトムスなどのアイテムを買い集めていました。しかし、購入後はスーツを買ってその革靴と合わせてみたり、タイドアップでアルバイトに出勤してみたり、ドレスアイテム触れる機会が多くなりました。同時にドレスの知識も蓄積され、接客の幅を広げることが出来ました。 学生から社会人へ  大学卒業後、今も良きビジネスパートナーとして私の足元を支えてくれています。いざこの革靴との思い出を振り返ると「本当に良い買い物をしたんだな」と感じます。私に新たな価値観を与えてくれたこの革靴には感謝です。そして、少しでも長い間、私の人生を共に歩んで欲しいです。これからもよろしくお願いします。  

JALANSRIWIJAYA
BLACK (DAINITE SOLE)

ロイヤルワラント

一足は持っておきたい革靴ブランド

一足は持っておきたい革靴ブランド

コスパ最強靴で有名なジャランスリウァヤ 春夏用の革靴が欲しくて3月頃に購入しました   よく某高級靴ブランドと比較されがちな このローファーですが十分質がいいですし 足馴染みも良く仕事の日も休みの日も ガンガン活躍してもらってます🤣   写真ではリゾルトのデニムと ポールスミスの靴下と合わせました この靴のネイビーはほんとに合わせやすいので コーデの幅がきくのも嬉しいポイントです   軽めのお手入れで自然なツヤが出るのも すごく良い🙌

JALANSRIWIJAYA
NAVY CALF (LEATHER SOLE)

新着ストーリー

Yusuke

初めての本格派革靴

初めての本格派革靴

ジャランスリウァヤとの出会い 私がジャランスリウァヤに出会ったのは大学生になってからでした。大学生なので、使えるお金も限られていて、どの革靴なら自分の金銭状況でも妥協せずに買えるかと考えていた時にたまたまファッションYouTuber「ハズム」さんの動画で知り、すぐに店舗に試着し、購入しました。 経年劣化ではなく経年変化 最初はかなり気を遣って、モカがすぐ割れてしまいかなり心配になり、擦り傷ができて少し落ち込んだりと緊張しながら履いていたのですが、今では全く気にせず履いています。笑 ケアは1週間分くらい履いたら普通の革靴と同じようにケアしています。個体差もあるようですが、私の個体は適当なケアでもかなり光ってくれる革だったので面倒臭がりな私はかなり助かっています。 ジャランスリウァヤが変えてくれた生活 私はジャランスリウァヤに出会って、革靴の世界へとのめり込みました。笑この靴をキッカケにParaboot、Crockett&Jonesなど他の本格派革靴にも出会い、革靴ライフを充実させることができています。 これからもたくさんの革靴には出会うと思いますが、この一足だけは手放さず、思い出として大切に履いていこうと思います。 【着用サイズ】 UK6.5 (普段サイズ UK6.5)

JALANSRIWIJAYA
BLACK (LEATHER SOLE)

ペドロ

革靴はファッションを変える

革靴はファッションを変える

この革靴との出会いは社会人になる前のことでした。 イタリアに卒業旅行に行ったとき、現地の人の革靴を使用したファッションにとても興奮しました。その興奮を通じて私は「革靴」に興味を持ちました。 しかし、大のスニーカー好きだった私にとって、革靴は、フォーマルな格好の時のみのスタイリングだと認識していて、革靴を私服に取り入れるのは、ハードルありました。しかし挑戦しなくては、イタリア人みたいにお洒落になれないお思い、革靴を調べていたところ、このブランドに出会いました。 ローファーとの出会い 1番の思い出は購入した時です。ジャランスリワヤの革靴を探しに有楽町に訪れたとき、お店中に並ぶかっこいい革靴達を見て興奮しました。その興奮が収まらぬまま、購入を決意しました。 革靴を購入するまでは私のスタイリングの足元はスニーカーだけでした。そのため基本的にカジュアルな服装が多くなってしまうことで、ファッションに偏りが出ました。 しかし、購入後はスーツや、セットアップを購入し、革靴と合わせてみたり、新社会人としてオフィスカジュアルとして使用したりと、フォーマルなファッションを着用する機会が多くなりました。 革靴と共にこれから 現在は、新社会人として、今、ビジネスパートナーとして私の足元を支えてくれています。ふと、足元を見ると「本当に良いアイテムと巡り逢えた」と感じます。 私に新しいファッションを与えてくれた革靴には感謝です。そして、これからも大切にケアをしながら長く愛用し、足元をかっこよく歩んでいきたいです。

JALANSRIWIJAYA
BLACK (LEATHER SOLE)

ロイヤルワラント

一足は持っておきたい革靴ブランド

一足は持っておきたい革靴ブランド

コスパ最強靴で有名なジャランスリウァヤ 春夏用の革靴が欲しくて3月頃に購入しました   よく某高級靴ブランドと比較されがちな このローファーですが十分質がいいですし 足馴染みも良く仕事の日も休みの日も ガンガン活躍してもらってます🤣   写真ではリゾルトのデニムと ポールスミスの靴下と合わせました この靴のネイビーはほんとに合わせやすいので コーデの幅がきくのも嬉しいポイントです   軽めのお手入れで自然なツヤが出るのも すごく良い🙌

JALANSRIWIJAYA
NAVY CALF (LEATHER SOLE)

バウ

使い勝手抜群のプレーントゥ

使い勝手抜群のプレーントゥ

やっと見つけた1足 私がこの靴を見つけたのは一昨年の冬。 デニムやミリタリーテイストのパンツに合わせるブラウン系のプレーントゥを探し回っていた時でした。 程よいボリューム感とイメージ通りのカラーに一目惚れ。 試着時は少し窮屈に感じましたが、お店の方に相談すると「インソールのコルクに沈み込みが起こる」とのアドバイスをいただき購入を決断しました。 履き下ろしの前にはプレメンテ 手持ちの靴と同様に履き下ろしの前にはしっかりプレメンテしました! リムーバーの後にデリケートクリームとレノベイタークリームで水分や油分を補給。 これをするだけでぐっと愛着が湧くから不思議です。 今の状態 購入から約1年半。 外出自粛などで履いて出掛ける機会がめっきり減ってしまいましたが、それでも出社の日や近所への買い物の際などに着用しています。 お店の方に教えていただいたように履き込むほどに徐々に馴染み、今ではストレスフリーで履けるまでに育ってくれました。 最近靴紐をロー引きの平紐に交換。 よりカジュアルに雰囲気が変わって良かったと思っています。 当初は休日に履くことをメインで考えていたものの、今ではセットアップなど仕事の時にも重宝しています。 エイジングが楽しみな一足。 これからもしっかりメンテナンスして大切に履き続けたいと思っています。  

JALANSRIWIJAYA
CUOIO (DAINITE SOLE)