"お試し買い"オンラインデパート

mont-bell

モンベル

■mont-bell(モンベル)とは
mont-bell(モンベル)は1975年、登山家の辰野 勇氏が、山で自身が使いたい道具を製造販売する会社として創業した、日本生まれ、日本育ちの老舗アウトドアブランドである。
現在では日本国内だけでなく、海外法人(モンベルアメリカInc.、モンベルスイスSA)も展開し、世界中に多くの愛好家を持つ、人気アウトドア用品ブランドだ。

■商品開発コンセプトは“Function is Beauty”と”Light & Fast”
mont-bellの商品はとことん機能的だ。
雪深い山道で、また霧や雨など様々な天候の山の中で使う道具であるから、設計と検証を繰り返し、完璧な道具を作る。
mont-bellは装飾や、デザイン性のために商品の形を決めることはない。
機能・合理性を追求したところに、自然と美が宿り、それがmont-bellのデザインになる。
また、”軽さ”も最重要な機能の一つだ。
険しい山道を自分で背負える装備の荷物だけで登っていくために、mont-bell製品は無駄なパーツや重量を排除し、とことん軽量化されていなければならない。
また、海外法人(モンベルアメリカInc.、モンベルスイスSA)では各国の気候や風土に合わせて、日本とは異なる素材や設計の商品展開を行っている。ユーザーの使用環境ごとに、必要な機能性が異なるためだ。

■環境への配慮と、社会貢献活動
mont-bellの商品づくりの意識は機能性の追求と同時に、自然環境への配慮にも満ちている。
商品の素材は自然環境に配慮したものが採用され、製造過程・製造製法にも自然環境への細心の注意を払っている。
また、一度世に出した商品を次なる商品の素材として再利用する取り組みも積極的に行っている。
フリースやシャミース等の商品の製造過程で発生した繊維製品の端切れは、クッション材として再利用され、ユーザーが使い古したスリーピングバッグは回収し、次の商品を作るための材料にする。
登山シーンのアウトドアグッズ、アパレル商品の開発に始まったmont-bellは、モノづくりに留まらず様々な分野で事業展開を行っている。
例えば、山の魅力や文化を伝える登山専門誌『岳人』の刊行。エコツーリズムを通じた地域経済活性活動、障碍者カヌー教室の開催、野外活動教室の開催、自然災害への支援活動等、アウトドア用品の開発で培ったノウハウを、様々な分野で社会へ還元している。

ブランドについて

  • 名称
    mont-bell
  • 名称(読み)
    モンベル
  • 日本
  • 設立
    1982年5月
  • 運営会社
    株式会社ベルカディア
  • 本社所在地
    大阪市西区新町2丁目2-2